イオンモバイルの評判・口コミをチェック!イオンモバイルが提供する格安SIM・格安スマホの特徴やサービスは?

イオンモバイルの評判(口コミ) 料金プランの多さに加え、実店舗でのサポートに定評あり!

Posted on

イオンモバイル 格安SIM・格安スマホの特徴・評判

おすすめ度 4.0

イオンモバイル・画像

イオンモバイルは、イオングループの「イオンリテール」が2016年2月から提供を開始した格安SIM・格安スマホの通信サービス。ドコモの回線に対応しており、新たに購入するSIMフリー端末に加え、今まで使っていたドコモ端末を継続して利用することもできる。
イオンモバイルの料金プランは、通信データ容量に応じて、「音声通話機能付きSIM」11種類、「データ通信専用SIM」10種類、音声通話機能付きSIM1枚+データ通信専用SIM2枚の「シェア音声プラン」8種類の計29種類のプランを用意。ライトユーザーからヘビーユーザーまで、自分に合ったプランを選択することができる。また、当月利用せず、余った通信データ容量の翌月への繰り越しにも対応。
また、全プラン、契約期間に関わらず、解約金が発生しない点も嬉しい
さらに、MNPの即日契約はもちろん、料金プランの変更や故障修理、解約などの手続きがWebだけではなく全国のイオン店舗で行えるため、近くにイオンがある人はもちろん、実店舗でのサポートを重視し、格安SIM・格安スマホを利用したい人にもおすすめ

  • Campaign!
  • イオンモバイルご紹介キャンペーン

キャンペーン期間中、家族・友人の紹介でイオンモバイルに新規申し込みすると、紹介元および紹介先に、もれなく1GBクーポンプレゼント!

イオンモバイルへ行く

イオンモバイルの評判(口コミ)

格安スマホが注目されるきっかけを作ったイオンスマホ。最近は競合他社も増えているので以前ほど注目されてはいませんが、月500円弱から契約できて、話題のかけ放題(IP電話になりますが)サービスを付けても1,980円という価格設定は、最安クラスだと思います。本体価格の割引は楽天モバイルと比較すると乏しい印象ですが、総合的なコスパは高いので、検討する価値はあります。(40才・男・会社員)
格安スマホが出たばかりのころは、あまりの安さに人が殺到してすぐに売り切れてニュースになっていましたが、今ではイオンの店舗でどこでも売っていてすぐに買えますし、それ以上に他の格安スマホと比較してもあまり安くないのが気になります。音声通話とデータ通信つけると普通に5,000円いきますし。(32才・男・IT関連)

イオンモバイルの料金プランの特徴

イオンモバイルは、他の格安SIM・格安スマホの事業者と比較しても料金プランが充実。通信データ容量に応じて、「音声通話機能付きSIM」11種類、「データ通信専用SIM」10種類、音声通話機能付きSIM1枚+データ通信専用SIM2枚の「シェア音声プラン」8種類の計29種類のプランを用意。スマホのライトユーザーからヘビーユーザーまで、毎月利用する通信データ容量に応じて、自分に合ったプランを選択できる。また、当月利用せず、余った通信データ容量は翌月に繰り越すこともできるので、毎月の通信データ容量を無駄なく使える点も嬉しい。 さらに、イオンモバイルでは、音声通話機能付きSIMを含む全プランで、契約期間に関わらず解約金がかからない点もチェックしておきたいポイント。 その他にも、イオンモバイルでは、全国のイオン店舗にて故障修理の受付や料金プランの変更に対応する等、実店舗でのサポートが充実。近くにイオンの店舗があり、格安SIM・格安スマホの利用を検討している方は、ぜひ候補に入れておくべきMVNOだろう。

データ通信専用SIM料金表
プラン名 データ容量 初期費用 データ通信専用(月額) SMS機能付き(月額) 最大速度(下り) SIMカード枚数
データ1GBプラン 1GB 3,000円 480円 620円 375Mbps 1枚
データ2GBプラン 2GB 3,000円 780円 920円 375Mbps 1枚
データ4GBプラン 4GB 3,000円 980円 1,120円 375Mbps 1枚
データ6GBプラン 6GB 3,000円 1,480円 1,620円 375Mbps 1枚
データ8GBプラン 8GB 3,000円 1,980円 2,120円 375Mbps 1枚
データ12GBプラン 12GB 3,000円 2,680円 2,820円 375Mbps 1枚
データ20GBプラン 20GB 3,000円 3,980円 4,120円 375Mbps 1枚
データ30GBプラン 30GB 3,000円 5,380円 5,520円 375Mbps 1枚
データ40GBプラン 40GB 3,000円 7,480円 7,620円 375Mbps 1枚
データ50GBプラン 50GB 3,000円 10,300円 10,440円 375Mbps 1枚

※金額は全て税抜で表示しています。

音声通話機能付きSIM
プラン名 データ容量 初期費用 月額料金 通話料(通常) 最大速度(下り) SIMカード枚数
音声500MBプラン 500MB 3,000円 1,130円 20円/30秒 375Mbps 1枚
音声1GBプラン 1GB 3,000円 1,280円 20円/30秒 375Mbps 1枚
音声2GBプラン 2GB 3,000円 1,380円 20円/30秒 375Mbps 1枚
音声4GBプラン 4GB 3,000円 1,580円 20円/30秒 375Mbps 1枚
音声6GBプラン 6GB 3,000円 1,980円 20円/30秒 375Mbps 1枚
音声8GBプラン 8GB 3,000円 2,680円 20円/30秒 375Mbps 1枚
音声12GBプラン 12GB 3,000円 3,280円 20円/30秒 375Mbps 1枚
音声20GBプラン 20GB 3,000円 4,680円 20円/30秒 375Mbps 1枚
音声30GBプラン 30GB 3,000円 6,080円 20円/30秒 375Mbps 1枚
音声40GBプラン 40GB 3,000円 7,980円 20円/30秒 375Mbps 1枚
音声50GBプラン 50GB 3,000円 10,800円 20円/30秒 375Mbps 1枚
シェア音声プラン4GBプラン 4GB 3,000円 1,780円 20円/30秒 375Mbps 3枚
シェア音声プラン6GBプラン 6GB 3,000円 2,280円 20円/30秒 375Mbps 3枚
シェア音声プラン8GBプラン 8GB 3,000円 2,980円 20円/30秒 375Mbps 3枚
シェア音声プラン12GBプラン 12GB 3,000円 3,580円 20円/30秒 375Mbps 3枚
シェア音声プラン20GBプラン 20GB 3,000円 4,980円 20円/30秒 375Mbps 3枚
シェア音声プラン30GBプラン 30GB 3,000円 6,380円 20円/30秒 375Mbps 3枚
シェア音声プラン40GBプラン 40GB 3,000円 8,280円 20円/30秒 375Mbps 3枚
シェア音声プラン50GBプラン 50GB 3,000円 11,100円 20円/30秒 375Mbps 3枚

※金額は全て税抜で表示しています。

イオンモバイルのおすすめ格安スマホ

イオンモバイルおすすめの格安スマホは、日本の総合エレクトロニクスメーカー・富士通が提供する「arrows M03」。2580mAhの大容量バッテリーに加え、省電力設定にも対応しており、通常利用で約3日間の電池持ちを実現している。また、防水・防塵機能やオサイフケータイ機能等を備えている点も魅力。さらに、約1,310万画素の高画質カメラを搭載し、静止画や動画を細部まで美しく撮影できる点も嬉しい。国産メーカーならではの使いやすさ・安心感を求める人におすすめの格安スマホ端末。

端末情報

富士通 arrows M03

対応OS Android6.0
内臓メモリ ROM:16GB RAM:2GB
料金(分割24回)
料金(一括) 37,800円
カラー ブラック、ホワイト、ピンク

※金額は全て税抜で表示しています。

モデルプラン
プラン名 音声4GBプラン
SIMカード機能 音声通話機能付き
月額料金(端末分割払い)
月額料金(端末一括払い) 1,580円

※金額は全て税抜で表示しています。

イオンモバイルへ行く

イオンモバイル会社概要

イオンモバイルを運営するのは、イオンの子会社である「イオンリテール」。
イオンリテールは、2014年から格安スマホの販売をスタート。日本通信やBIGLOBE、So-net等の通信事業者の代理店として、各社が提供する通信サービスとスマホ端末を組み合わせ、イオンの店頭にて格安スマホの販売を開始。現在の格安スマホ市場急拡大の火付け役となった。
その後、2016年2月にMVNO事業に参入。全国のイオン店舗において、格安SIM・格安スマホの新規契約や契約変更に対応する等、実店舗を活かしたサービスの提供に強みがある。

社名 イオンリテール株式会社
本社所在地 千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
設立 2008年8月21日
代表 岡崎双一
資本金 489億7,000万円(2013年2月現在)
主要株主 イオン株式会社