LINEモバイルの評判・口コミをチェック!LINEモバイルが提供する料金プランやサービスの特徴は?

LINEモバイルの評判(口コミ) LINEをはじめ、特定のサービスを無料で利用できる料金プランが最大の魅力!LINEモバイルの特徴や、サービス概要をチェックしよう。

Posted on

LINEモバイルの格安SIM・格安スマホの特徴・評判

おすすめ度 4.0

LINEモバイル・画像

LINEモバイルは、コミュニケーションアプリ「LINE」で高い人気・知名度を誇る「LINE」が、2016年9月から提供を開始した格安SIM・格安スマホの通信サービス。ドコモ回線に加え、2018年7月からはソフトバンク回線に対応したサービスを開始し、数少ないソフトバンク回線対応の格安SIM・格安スマホを取り扱う通信事業者として注目を集めている
LINEモバイルの特徴は、LINEやTwitter、Facebook、Instagram等、特定のサービス利用時(※対象の機能を利用した場合)に発生する通信量が通常の通信データ容量にカウントされず、無料になる「データフリー(カウントフリー)」と呼ばれる仕組みを料金プランに導入している点。データフリーの対象サービスによって、「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン(ミュージックプラスプラン)」の3種類を用意しており、自分に合ったプランを選択することができる。
また、「LINE」の年齢認証・ID検索に対応している他、利用開始月を含む初月の月額基本料金が無料。さらに毎月、月額基本利用料の1%分のLINEポイントがもらえる点も嬉しい。
LINEやTwitter、Facebook等、スマホで特定のサービス利用が多い人であれば、LINEモバイルは、第一候補として検討する価値がある格安SIM・格安スマホのサービスと言えるだろう。

  • Campaign!
  • SNS使い放題 新・月300円キャンペーン

キャンペーン期間中、LINEモバイルにて音声通話機能付きSIMに新規申し込みすると、もれなく月額基本料金が3ヵ月間1,390円割引に!(※LINEフリープランの場合は、月額基本料金が3ヵ月間900円割引)(2019年1月31日まで)

LINEモバイルへ行く

LINEモバイルの評判(口コミ)

LINEモバイルの発表を見ましたが、LINE含め特定のサービスしか利用しないならLINEモバイルが良さそうです。特に最近のLINEは動くものとか、しゃべるものも増えてきていて、それなりにパケットが発生するので、LINEでのやり取りが多ければLINEモバイルは選択肢にいれるべきかと。私の場合は、LINEの利用が限定的なのでまだ悩み中です。(39才・男・広告関係)
通話をあまりしないならLINEモバイルが間違いなく最安クラスの格安スマホになると思う。格安スマホの料金が安いプランでネックになるのはデータ通信料だが、LINEモバイルはLINEのデータ通信が無料なので、LINEの利用でパケ死することはない。注意点としてはLINEのライブストリーミングやLINEマンガといったサービスに関しては対象外になっている点。LINE関連のアプリやサービスが全て無料になれば最強だと思う。(40才・男・IT関連)
うちの女性スタッフから格安スマホは何が良いかと聞かれたので、LINEモバイルが良いのではと答えました。若い子にLINEモバイルのスタンプを使ってパケ死したという話を聞いたのですが、LINEモバイルのカウントフリー機能を使えばそれはないし、最近は私ですらもLINEの無料通話機能を使うことが多く、番号でかけることはなくなってきているので、若い女性ならなおのことLINEモバイルがお得な気がします。(40才・男・会社員)
格安SIMといっても端末によって全然価格に違いがあるので、単純にサービスの評判を調べるだけではなく、自分が使いたい機種の価格を比較しないと結果的に月額料金の 安さが意味がなくなってしまいます。私の場合、楽天モバイルとLINEモバイルで悩んでいて、私が調べたときはArrowsM03はLINEモバイルのほうが5,000円安かったのです が、ZenFone3に関しては楽天モバイルのほうが2万円近く安かったです。(39才・女・専業主婦)

LINEモバイルの料金プランの特徴

LINEモバイルの料金プランの特徴は、特定のサービス利用(※対象の機能を利用した場合)に発生する通信量を通常の通信データ容量にカウントせず、無料で利用できる「データフリー(カウントフリー)」を採用している点。カウントフリーに該当するサービスの種類によって「LINEフリープラン」と「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン(ミュージックプラスプラン)」の3種類を用意している。「LINEフリープラン」は、LINEでの通話・トークがカウントフリーになるプラン。通信データ容量は、1GBのみだが、月額500円(※データ通信専用SIMの場合)とリーズナブルな価格を実現しており、スマホ利用のほとんどがLINEという人におすすめ。「コミュニケーションフリープラン」は、LINEでの通話・トークに加え、TwitterやFacebook、Instagramでの投稿やタイムライン表示等もカウントフリーに含まれる。通信データ容量は、3GB・5GB・7GB・10GBの4種類から選択することができるため、スマホでインターネットやSNSを多く利用する人におすすめのプランと言えるだろう。「MUSIC+プラン」は、「コミュニケーションプラン」のデータフリー対象サービスに音楽アプリ「LINE MUSIC」をプラスしたもの。「LINE MUSIC」での音声・通話の視聴や、歌詞・文章の閲覧、音楽の保存等がデータフリーで利用できるため、LINE MUSICを利用することが多い人はぜひチェックしておきたい。ちなみに、通信データ容量はコミュニケーションプランと同様に、3GB・5GB・7GB・10GBの4種類から選択することができる。また、いずれのプランでも、当月使用せず、余った通信データ容量を翌月に繰り越すことが可能。さらに、通話アプリ「いつでも電話」からの発信で、10分以内の国内通話が何度でもかけ放題になる月額880円のオプション「10分電話かけ放題オプション」を用意している点もチェックしておきたい。

データ通信専用SIM料金表
プラン名 データ容量 初期費用 データ通信専用(月額) SMS機能付き(月額) 最大速度(下り) SIMカード枚数
LINEフリープラン 1GB 3,400円 500円 620円 非公開 1枚
コミュニケーションフリープラン 3GB 3GB 3,400円 1,110円 非公開 1枚
コミュニケーションフリープラン 5GB 5GB 3,400円 1,640円 非公開 1枚
コミュニケーションフリープラン 7GB 7GB 3,400円 2,300円 非公開 1枚
コミュニケーションフリープラン 10GB 10GB 3,400円 2,640円 非公開 1枚
MUSIC+プラン 3GB 3GB 3,400円 1,810円 非公開 1枚
MUSIC+プラン 5GB 5GB 3,400円 2,140円 非公開 1枚
MUSIC+プラン 7GB 7GB 3,400円 2,700円 非公開 1枚
MUSIC+プラン 10GB 10GB 3,400円 2,940円 非公開 1枚

※金額は全て税抜で表示しています。
※2018年8月時点のものです。最新の情報はこちらでチェックしてください。

音声通話機能付きSIM
プラン名 データ容量 初期費用 月額料金 通話料(通常) 最大速度(下り) SIMカード枚数
LINEフリープラン 1GB 3,400円 1,200円 20円/30秒 非公開 1枚
コミュニケーションフリープラン 3GB 3GB 3,400円 1,690円 20円/30秒 非公開 1枚
コミュニケーションフリープラン 5GB 5GB 3,400円 2,220円 20円/30秒 非公開 1枚
コミュニケーションフリープラン 7GB 7GB 3,400円 2,880円 20円/30秒 非公開 1枚
コミュニケーションフリープラン 10GB 10GB 3,400円 3,220円 20円/30秒 非公開 1枚
MUSIC+プラン 3GB 3GB 3,400円 2,390円 20円/30秒 非公開 1枚
MUSIC+プラン 5GB 5GB 3,400円 2,720円 20円/30秒 非公開 1枚
MUSIC+プラン 7GB 7GB 3,400円 3,280円 20円/30秒 非公開 1枚
MUSIC+プラン 10GB 10GB 3,400円 3,520円 20円/30秒 非公開 1枚

※金額は全て税抜で表示しています。
※2018年8月時点のものです。最新の情報はこちらでチェックしてください。

LINEモバイルのおすすめ格安スマホ

LINEモバイルおすすめの格安スマホは、中国広東省深圳に本社を置く通信機器メーカー「HUAWEI(ファーウェイ)」が提供する「P20 lite」。約5.84インチの大画面フルHD+ディスプレイながら、手に馴染む高級感のあるデザインが特徴で、女性でも片手で簡単に操作することができる。また、メインカメラに約1,600万画素+約200万画素のダブルレンズを搭載し、一眼レフで撮影したようなボケ味のある写真を簡単に撮影できる点も魅力。さらに、30分で約43%の充電ができる「急速充電」や、画面を見るだけで簡単にスマホのロックを解除できる「顔認証」に対応している点も嬉しい。リーズナブルかつハイスペックなスマホを使いたい人にとって、「P20 lite」は有力な選択肢といえるだろう。

端末情報

HUAWEI P20 lite

対応OS Android™ 8.0
内臓メモリ ROM:32GB RAM:4GB
料金(分割24回) 1,390円
料金(一括) 31,980円
カラー クラインブルー、サクラピンク、ミッドナイトブラック

※金額は全て税抜で表示しています。

モデルプラン
プラン名 コミュニケーションフリープラン 3GB
SIMカード機能 音声通話機能付き
月額料金(端末分割払い) 3,080円
月額料金(端末一括払い) 1,690円

※金額は全て税抜で表示しています。

LINEモバイルへ行く

LINEモバイルの会社概要

LINEモバイルを運営するLINE株式会社は、韓国最大のインターネットサービス企業「ネイバー」の100%子会社として2000年に設立。2011年にリリースしたコミュニケーションアプリ「LINE」が大ヒットし急成長、その後もモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」や、「LINEツムツム」「LINEバブル」と言ったゲームアプリ(LINE GAME)等、LINEと連携したアプリを数多くリリースし、高い人気・知名度を誇る。
格安SIM・格安スマホの通信サービス「LINEモバイル」は、2016年9月からサービスの提供を開始。料金プランに、コミュニケーションアプリ「LINE」をはじめ、TwitterやFacebookといった特定のサービス利用で発生する通信量がカウントされない「データフリー(カウントフリー)」を採用する等、これまでの格安SIM・格安スマホにないサービスを提供。LINEモバイル公式アカウントのトーク画面上でカスタマーサポートが利用できる等、LINEモバイルならではのサービスも大きな魅力。

社名 LINE株式会社
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ27階
設立 2000年9月4日(2013年4月1日 NHN Japan株式会社より商号変更)
代表 出澤剛
資本金 125億9,619万円
主要株主 ネイバー

Y!mobile