nuroモバイルの評判・口コミをチェック!nuroモバイルが提供する料金プランやサービスの特徴は?

nuroモバイルの評判(口コミ) シンプルでわかりやすい料金プランが最大の魅力のnuroモバイルの評判・口コミを掲載!

Posted on

nuroモバイル 格安SIM・格安スマホの特徴・評判

おすすめ度 4.5

nuroモバイル・画像

対応回線 ドコモ、ソフトバンク、au

nuroモバイル(ニューロモバイル)は、ソニーグループの大手通信プロバイダ「So-net(ソニーネットワークコミュニケーションズ)」が2016年10月1日から提供を開始した格安SIM・格安スマホの通信サービス。 ドコモ回線・ソフトバンク回線に加え、2019年5月からは、au回線に対応したサービスの提供を開始。新たに購入するSIMフリー端末はもちろん、SIMカードを入れ替えるだけで、大手通信キャリアで購入したスマホ端末で格安SIMを利用することができる。(※ただし、端末によっては、格安SIMを利用する際に、SIMロックの解除が必要)
料金プランは、通信データ容量に応じて0.2GB(お試しプラン)、2GB(Sプラン)、7GB(Mプラン)、13GB(Lプラン)の4種類を用意。スマホのライトユーザーからヘビーユーザーまで、自分に合ったプランを選択することができる。
なかでも、注目したいのは、通信データ容量0.2GBの「お試しプラン」。月額300円~(※ドコモ回線/データ通信専用SIMの場合)とリーズナブルな料金で利用できるため、格安SIMやnuroモバイルを試しに利用してみたい場合に、上手く活用すると良いだろう。
また、通信データ容量の前借り(※お試しプランを除く)や、同一回線同士での通信データ容量のシェアに対応しており、毎月の通信データ容量を無駄なく使えるサービスが充実している点もチェックしておきたい
その他にも、nuroモバイルでは、10分以内の国内通話が何度でもかけ放題になる月額800円の「10分かけ放題オプション」等、音声通話をお得に利用できるサービスも用意。
格安SIMを試しに利用してみたい人と考えている人や、毎月の通信データ容量を無駄なくつかいたいと考えている人にとって、nuroモバイルは有力な選択肢の一つといえるだろう。

  • Campaign!
  • 1年間ずーっと最大1,500円割引キャンペーン

キャンペーン期間中、nuroモバイルにて音声通話機能付きSIMで申し込むと、もれなく利用開始月翌月から12ヵ月間、月額基本料金を最大1,500円割引!(2019年6月30日まで)

nuroモバイルへ行く

nuroモバイルの評判(口コミ)

ドコモ、au、ソフトバンクの全回線に対応していることに加え、料金プランもシンプルでわかりやすい。また、ソニーグループの通信事業者ということで、 格安SIMの利用を検討する際、有力な選択肢の一つになると思います。300円~利用できる「お試しプラン」があるので、気になる方は試しに利用してみるのがおすすめ。ただし、お試しプランの料金は最安300円でも、別途初期費用として約3,400円かかるので、その点は注意した方が良いと思います。(30代・女・企画)
Androidを搭載したVAIOPhoneAを月1,000円×24回払いで購入できる。一括払いの価格が26,000円~38,000円くらいするので、nuroモバイル経由で購入したほうが安い。WindowOSの時は今後の事を考えると選ぶ気はしなかったが、Android5.5を搭載するとなると質感がよく、他の格安スマホと比較しても購入感があるVAIOPhoneは選択肢になる。(40才・男・広告代理店)(40才・男・広告代理店)
2017年2月1日から毎日5時間まで高速通信を利用できるプランが2,500円で登場しています。データ通信容量が大きいプランは月によっての変動が大きくて使いづらいなぁと思っていたので、このプランはありがたいです。仕事をしているとそんなにスマホをバンバン触る時間はないですし、5時間もあれば高速通信は十分。それでいて料金は使い放題や大容量プランより安いのでメリットは大きいと思います。(40才・男・広告関連)
0SIMを検討してます。2016年12月から毎日申し込めるようになっています。雑誌の付録についていた時はそれが品薄になって高値取引されるほど話題になりましたが、今は無料で申し込めるようになって いますね。ただ、今はU-mobileが5GBまで無料で使えるトライアルキャンペーンをやっているので、それも魅力があるなと思います。(40才・男・IT関連)

nuroモバイルの料金プランの特徴

nuroモバイルの料金プランの特徴は、シンプルでわかりやすい点。nuroモバイルでは、通信データ容量に応じて、0.2GB(お試しプラン)、2GB(Sプラン)、7GB(Mプラン)、13GB(Lプラン)の4種類を用意しており、ライトユーザーからヘビーユーザーまで自分に合った料金プランを選択することができる。 なかでも、0.2GBの「お試しプラン」は、プラン名に「お試し」とあるように、nuroモバイルを簡単に試せるプラン。お試しプランの場合、通常3,000円の事務手数料が2,000円になる他、最安月額300円~(※ドコモ回線/データ通信専用SIMの場合)とリーズナブルな料金で利用可能。さらに、音声通話機能付きSIMを最低利用期間内に解約する場合でも、解約金が発生しないため、nuroモバイルの使い勝手を知りたい場合は、試しに利用してみると良いだろう。 また、nuroモバイルでは、通信データ容量の前借りにも対応(※お試しプランを除く)しており、当月分の通信データ容量が足りなくなった場合、10MB~2GBまで、翌月分の通信データ容量を前借りできる点もチェックしておきたい。 さらに、同一回線同士(※例:ドコモ回線とドコモ回線)の場合、当月使用せず、余った通信データ容量のシェアに対応している点も魅力。

データ通信専用SIM料金表
プラン名 データ容量 初期費用 データ通信専用(月額) SMS機能付き(月額) 最大速度(下り) SIMカード枚数
お試しプラン(D):ドコモ 0.2GB 3,394円 300円 450円 非公開 1枚
Sプラン(D):ドコモ 2GB 3,394円 700円 850円 非公開 1枚
Mプラン(D):ドコモ 7GB 3,394円 1,500円 1,650円 非公開 1枚
Lプラン(D):ドコモ 13GB 3,394円 2,700円 2,850円 非公開 1枚
お試しプラン(A):au 0.2GB 3,400円 500円 650円 非公開 1枚
Sプラン(A):au 2GB 3,400円 780円 930円 非公開 1枚
Mプラン(A):au 7GB 3,400円 2,100円 2,250円 非公開 1枚
Lプラン(A):au 13GB 3,400円 2,980円 3,130円 非公開 1枚
お試しプラン(S):ソフトバンク 0.2GB 3,384円 500円 非公開 1枚
Sプラン(S):ソフトバンク 2GB 3,384円 980円 非公開 1枚
Mプラン(S):ソフトバンク 7GB 3,384円 2,100円 非公開 1枚
Lプラン(S):ソフトバンク 13GB 3,384円 2,980円 非公開 1枚

※金額は全て税抜で表示しています。
※2019年6月時点のものです。最新の情報はこちらでチェックしてください。

音声通話機能付きSIM
プラン名 データ容量 初期費用 月額料金 通話料(通常) 最大速度(下り) SIMカード枚数
お試しプラン(D):ドコモ 0.2GB 3,394円 1,000円 20円/30秒 非公開 1枚
Sプラン(D):ドコモ 2GB 3,394円 1,400円 20円/30秒 非公開 1枚
Mプラン(D):ドコモ 7GB 3,394円 2,200円 20円/30秒 非公開 1枚
Lプラン(D):ドコモ 13GB 3,394円 3,400円 20円/30秒 非公開 1枚
お試しプラン(A):au 0.2GB 3,400円 1,000円 20円/30秒 非公開 1枚
Sプラン(A):au 2GB 3,400円 1,400円 20円/30秒 非公開 1枚
Mプラン(A):au 7GB 3,400円 2,200円 20円/30秒 非公開 1枚
Lプラン(A):au 13GB 3,400円 3,400円 20円/30秒 非公開 1枚
お試しプラン(S):ソフトバンク 0.2GB 3,384円 1,200円 20円/30秒 非公開 1枚
Sプラン(S):ソフトバンク 2GB 3,384円 1,680円 20円/30秒 非公開 1枚
Mプラン(S):ソフトバンク 7GB 3,384円 2,800円 20円/30秒 非公開 1枚
Lプラン(S):ソフトバンク 13GB 3,384円 3,680円 20円/30秒 非公開 1枚

※金額は全て税抜で表示しています。
※2019年6月時点のものです。最新の情報はこちらでチェックしてください。

nuroモバイルのおすすめ格安スマホ

nuroモバイルおすすめの格安スマホは、台湾の大手総合エレクトロニクスメーカー「ASUS(エイスース)」が提供する格安スマホ。インカメラとアウトカメラに2つずつ、合計4つのカメラを搭載。 アウトカメラとインカメラは、それぞれ広角での撮影にも対応しており、被写体に応じて、画角を切り替えることができる。広大な風景写真や、大人数でのセルフィーを撮ることが多い人にとって、嬉しいポイントといえるだろう。 また、3,300mAhの大容量バッテリーを搭載しているほか、SIMカード2枚+microSDカードを同時に使用でき、デュアルSIMデュアルスタンバイに対応している点も嬉しい。 セルフィーを含め、スマホで写真を撮ることが多い人であれば、ぜひチェックしておきたい一台。

端末情報

ASUS ZenFone 5Q

対応OS Android 7.1.1
内臓メモリ ROM:64GB RAM:4GB
料金(分割24回) 1,600円
料金(一括) 36,504円
カラー ムーンライトホワイト

※金額は全て税抜で表示しています。
※2019年6月時点のものです。最新の情報はこちらでチェックしてください。

モデルプラン
プラン名 Sプラン(D):ドコモ
SIMカード機能 音声通話機能付き
月額料金(端末分割払い) 3,000円
月額料金(端末一括払い) 1,400円

※金額は全て税抜で表示しています。
※2019年6月時点のものです。最新の情報はこちらでチェックしてください。

nuroモバイルへ行く

nuroモバイル会社概要

nuroモバイルを運営するのは、ソニーグループの大手通信プロバイダ「So-net(ソニーネットワークコミュニケーションズ)」。
So-netでは、光ファイバーによるインターネットの高速通信サービス「NURO光(ニューロひかり)」をはじめ、インターネットサービスプロバイダ事業やITソリューション事業、インテグレーション事業等、幅広い事業を展開している。
「nuroモバイル」は、2016年10月1日からサービス提供を開始した、格安SIM・格安スマホの新ブランド。これまでも、So-netでは、「So-netモバイルサービス」にて格安SIM・格安スマホの通信サービスを提供していたが、料金や仕様が複雑だったことから、サービス内容を見直し、「nuroモバイル」にブランドを一新。「シンプルでわかりやすい」ことにこだわった料金プランに特徴があり、初心者から上級者まで利用しやすいサービスを提供している。

社名 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
本社所在地 東京都品川区東品川4-12-3 品川シーサイドTSタワー
設立 1995年11月1日
代表 高垣浩一
資本金 79億69百万円
主要株主 ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社

Y!mobile