楽天モバイルの評判や口コミをチェック!おすすめの格安SIMプランや格安スマホ端末は?

楽天モバイルの評判(口コミ) 格安SIM・格安スマホの申し込みや利用で楽天スーパーポイントが貯まる等楽天ユーザーに嬉しい特典付き

Posted on

楽天モバイル 格安SIM・格安スマホの特徴・評判

おすすめ度 4.0

楽天モバイル・画像

対応回線 ドコモ、au

楽天モバイルは、インターネット通販最大手「楽天グループ」のプロバイダ「楽天コミュニケーションズ」が提供する格安SIM・格安スマホの通信サービス。スマホ料金の支払いを楽天カードで行うと、毎月の利用料金100円につき楽天スーパーポイント1ポイントを貯めることができ、楽天グループのサービスを利用するユーザーを中心に、高い人気を集めている
楽天モバイルの料金プランは、通信データ容量を選択し、オプション等を自由に付けられる「組み合わせプラン」と、高速データ通信に10分以内の国内通話かけ放題がセットになった「スーパーホーダイ」の2種類を用意。「組み合わせプラン」はドコモ回線とau回線に対応し、「組み合わせプラン」はドコモ回線のみに対応している。 ちなみに、「スーパーホーダイ」は、高速データ通信を行える分の通信データ容量を使い切ってしまった場合でも、最大1Mbpsの通信速度でデータ通信に対応。毎月、高速データ通信分の通信データ容量をオーバーしてしまうことが多い人は、上手く活用すると良いだろう。
また、「組み合わせプラン」、「スーパーホーダイ」共に、当月使用せず、余った通信データ容量は翌月への繰り越しに対応している。
その他にも、楽天モバイルでは、利用開始月(契約1ヵ月目)は入会特典が適用され、月額基本料金が無料になる点も魅力
楽天モバイルは、楽天グループのサービスを利用することが多い人や、毎月のスマホ料金を節約したい人におすすめといえるだろう。

  • Campaign!
  • 【楽天モバイル×楽天カード】3つの条件達成で7,000円相当のポイントプレゼント!

「①楽天カードへの申し込み」「②楽天モバイルにて音声通話機能付きSIMに申し込み」「③月々の支払いを楽天カードに設定」の条件をクリアすると、7,000円相当の楽天スーパーポイントプレゼント!

楽天モバイルへ行く

楽天モバイルの評判(口コミ)

ソフトバンクから乗り換えました。その際、かなり引き留められましたが、データ通信容量が3GB程度までだったら楽天モバイルのほうがお得かなと思います。通話も5分無料ではなく、Y!モバイルだと10分無料になりますが、私の場合99.9%以上5分以内の通話に収まっているので楽天で十分。ちなみにMNPを使いましたが、ネットでソフトバンクのMNPを申し込み、楽天モバイルにオンラインで申し込む際、SIMが届いた後、自分でセンターに電話して切り替えを依頼するを選択。これで即日開通できました。最近の格安SIMは即日開通できるという評判を聞いて、よしと思ったのですが、実際問題なくいけました。(38才・女・経理)
楽天のダイヤモンド会員ということもあり、楽天モバイルにしました。これだけで楽天市場のポイント還元率が1%アップしますし、楽天スーパーポイントを楽天モバイルの料金に充当できるようになったので、楽天で買い物してそれで格安スマホ代を無料にすることも可能です。通話もデータ通信も特につながりにくいということもなく、楽天を使う機会がある人には楽天モバイルがおすすめです。(40才・男・IT関連)

楽天モバイルの料金プランの特徴

楽天モバイルの料金プランは大きく、通信データ容量を選択し、オプション等を自由に付けられるシンプルな「組み合わせプラン」と、高速データ通信に10分以内の国内通話かけ放題がセットになった「スーパーホーダイ」を用意。 「組み合わせプラン」は、ドコモ回線とau回線に対応し、それぞれ「ベーシックプラン」「3.1GBプラン」「5GBプラン」「10GBプラン」「20GBプラン」「30GBプラン」の6種類から自分に合ったプランを選択することができる。 なかでも、注目したいのは「3.1GBプラン」。他の格安SIM・格安スマホの通信事業者の多くが3GBを提供しており、どこも大きく変わらないが、楽天モバイルは3GBではなく、3.1GBとなっているため、0.1GB(100MB)分、通信データ容量が多い。わずかな差のように思うが、3GB前後のデータ通信を行うユーザーが多いため、プラス100MBを快適に使える点は大きなメリットといえるだろう。 一方、「スーパーホーダイ」はドコモ回線のみに対応し、通信データ容量に応じて、「プランS(2GB)」「プランM(6GB)」「プランL(14GB)」「プランLL(24GB)」の4種類から選択することができる。「スーパーホーダイ」は、高速データ通信を行える通信データ容量分を使い切ってしまった場合でも、最大1Mbpsの通信速度でのデータ通信(※回線が混み合う時間帯は最大300kbps)に対応。通信速度 最大1Mbpsでもメールのやり取りやインターネット、一部のゲームアプリに関しては、ストレスなく利用できるため、毎月、高速データ通信を行える通信データ容量分をオーバーしてしまうことが多い人には嬉しいプランといえるだろう。 また、「スーパーホーダイ」は、最低利用期間が3年のプランとなっており、長期割が適用されるほか、楽天会員の場合は楽天会員割も適用され、リーズナブルな料金を実現している点も魅力。

データ通信専用SIM料金表
プラン名 データ容量 初期費用 データ通信専用(月額) SMS機能付き(月額) 最大速度(下り) SIMカード枚数
〈組み合わせプラン〉
ベーシックプラン(ドコモ回線) 3,394円 525円 645円 200Kbps 1枚
3.1GBプラン(ドコモ回線) 3.1GB 3,394円 900円 1,020円 Xi、FOMA相当 1枚
5GBプラン(ドコモ回線) 5GB 3,394円 1,450円 1,570円 Xi、FOMA相当 1枚
10GBプラン(ドコモ回線) 10GB 3,394円 2,260円 2,380円 Xi、FOMA相当 1枚
20GBプラン(ドコモ回線) 20GB 3,394円 4,050円 4,170円 Xi、FOMA相当 1枚
30GBプラン(ドコモ回線) 30GB 3,394円 5,450円 5,520円 Xi、FOMA相当 1枚
ベーシックプラン(au回線) 3,406円 645円 au 4G LTE相当 1枚
3.1GBプラン(au回線) 3.1GB 3,406円 1,020円 au 4G LTE相当 1枚
5GBプラン(au回線) 5GB 3,406円 1,570円 au 4G LTE相当 1枚
10GBプラン(au回線) 10GB 3,406円 2,380円 au 4G LTE相当 1枚
20GBプラン(au回線) 20GB 3,406円 4,170円 au 4G LTE相当 1枚
30GBプラン(au回線) 30GB 3,406円 5,520円 au 4G LTE相当 1枚

※金額は全て税抜で表示しています。
※2019年1月時点のものです。最新の情報はこちらでチェックしてください。

音声通話機能付きSIM
プラン名 データ容量 初期費用 月額料金 通話料(通常) 最大速度(下り) SIMカード枚数
〈組み合わせプラン〉
ベーシックプラン(ドコモ回線) 3,394円 1,250円 20円/30秒 200Kbps 1枚
3.1GBプラン(ドコモ回線) 3.1GB 3,394円 1,600円 20円/30秒 Xi、FOMA相当 1枚
5GBプラン(ドコモ回線) 5GB 3,394円 2,150円 20円/30秒 Xi、FOMA相当 1枚
10GBプラン(ドコモ回線) 10GB 3,394円 2,960円 20円/30秒 Xi、FOMA相当 1枚
20GBプラン(ドコモ回線) 20GB 3,394円 4,750円 20円/30秒 Xi、FOMA相当 1枚
30GBプラン(ドコモ回線) 30GB 3,394円 6,150円 20円/30秒 Xi、FOMA相当 1枚
ベーシックプラン(au回線) 3,406円 1,250円 20円/30秒 200kbps 1枚
3.1GBプラン(au回線) 3.1GB 3,406円 1,600円 20円/30秒 au 4G LTE相当 1枚
5GBプラン(au回線) 5GB 3,406円 2,150円 20円/30秒 au 4G LTE相当 1枚
10GBプラン(au回線) 10GB 3,406円 2,960円 20円/30秒 au 4G LTE相当 1枚
20GBプラン(au回線) 20GB 3,406円 4,750円 20円/30秒 au 4G LTE相当 1枚
30GBプラン(au回線) 30GB 3,406円 6,150円 20円/30秒 au 4G LTE相当 1枚
〈スーパーホーダイ〉
プランS(ドコモ回線) 2GB 3,394円 2,980円 20円/30秒 Xi、FOMA相当 1枚
プランM(ドコモ回線) 6GB 3,394円 3,980円 20円/30秒 Xi、FOMA相当 1枚
プランL(ドコモ回線) 14GB 3,394円 5,980円 20円/30秒 Xi、FOMA相当 1枚
プランLL(ドコモ回線) 24GB 3,394円 6,980円 20円/30秒 Xi、FOMA相当 1枚

※金額は全て税抜で表示しています。
※2019年1月時点のものです。最新の情報はこちらでチェックしてください。

楽天モバイルのおすすめ格安スマホ

楽天モバイルおすすめの格安スマホは、中国広東省深圳に本社を置く通信機器メーカー「HUAWEI(ファーウェイ)」が提供する「P20 lite」。約5.84インチの大画面フルHD+ディスプレイながら、手に馴染む高級感のあるデザインが特徴で、女性でも片手で簡単に操作することができる。また、メインカメラに約1,600万画素+約200万画素のダブルレンズを搭載し、一眼レフで撮影したようなボケ味のある写真を簡単に撮影できる点も魅力。 さらに、30分で約43%の充電ができる「急速充電」や、画面を見るだけで簡単にスマホのロックを解除できる「顔認証」に対応している点も嬉しい。リーズナブルかつハイスペックなスマホを使いたい人にとって、「P20 lite」は有力な選択肢といえるだろう。

端末情報

HUAWEI P20 lite

対応OS Android™ 8.0 / Emotion UI 8.0
内臓メモリ ROM:32GB RAM:4GB
料金(分割24回) 1,439円
料金(一括) 31,980円
カラー クラインブルー、サクラピンク、ミッドナイトブラック

※金額は全て税抜で表示しています。

モデルプラン
プラン名 3.1GBプラン(ドコモ回線)
SIMカード機能 音声通話機能付き
月額料金(端末分割払い) 3,039円
月額料金(端末一括払い) 1,600円

※金額は全て税抜で表示しています。

楽天モバイルへ行く

楽天モバイルの会社概要

楽天モバイルを運営するのは、インターネット通販最大手「楽天グループ」のプロバイダ「楽天コミュニケーションズ」。
楽天は、東証一部(2013年)・東証ジャスダック(2000年)に上場しており、「インターネットサービス(楽天市場、楽天トラベル、楽天ブックス他)」「金融サービス(楽天カード、楽天銀行、楽天証券、楽天Edy他)」「その他(通信事業、プロスポーツ事業他)」等、幅広い事業を展開している。

社名 楽天株式会社
本社所在地 東京都世田谷区玉川1丁目14番1号
設立 1997年2月7日
代表 三木谷浩史
資本金 205,924百万円(2017年12月31日現在)
主要株主 合同会社クリムゾングループ、三木谷浩史、三木谷晴子、JP MORGAN CHASE BANK 380055、日本マスタートラスト信託銀行株式会社  他

Y!mobile