大学生の一人暮らしにおすすめのネット環境は?

大学生の一人暮らしにおすすめのネット環境 大学生の一人暮らしにおすすめのネット環境は?

Posted on

大学生の一人暮らしにおすすめのネット環境

大学生で一人暮らしをする際、自宅のネット環境をどうするか、迷われる方もいるのではないでしょうか?
大学生になると、インターネットで情報収集をしたり、課題を提出したりする機会が多くなるため、自宅でも必要に応じてインターネットが使えるよう、ネット環境を準備しておくのがおすすめです
物件によっては、家賃や管理費にインターネット使用料が含まれているケースもありますが、そうではない場合、自宅でインターネットを利用するには、自分で回線を用意しなければなりません。

大学生の一人暮らしで利用を検討したいネット環境の選択肢には、大きく「WiMAX(ワイマックス)を利用する」、「光回線を利用する」の2つの方法が挙げられます
ただ、それぞれの方法では、料金や特徴が異なるため、その違いをしっかり把握し、自分に合ったものを選ぶことが大切。

そこで今回は、大学生の一人暮らしにおすすめのネット環境に注目し、おすすめのサービスと合わせてご紹介します。これから自宅のネット環境を整えようと考えている一人暮らしの大学生の方は、ぜひチェックしてください。

大学生の一人暮らしにおすすめのネット回線 その1:WiMAX

WiMAX(ワイマックス)とは、「Worldwide Interoperability for Microwave Access(ワールドワイド・インターオペラビリティ・フォー・マイクロウェーブ・アクセス)」の略称。モバイル用の無線回線の一種で、持ち運びができる「ポケットWiFi」や、据え置き型の「ホームルーター(ホームWiFi)」等のWiFiルーターを経由することで、パソコンやスマホ、タブレット等、複数の端末をインターネットに接続できます。
家電量販店はもちろん、ネットからの申し込みにも対応しており、来店不要で申し込みが可能。

Memo

「WiMAX」のサービスは様々なプロバイダで契約できますが、WiMAXの回線提供は全て「UQコミュニケーションズ」が行っているため、プロバイダによって通信速度や回線品質が異なるということはありません

大学生の一人暮らしにWiMAXがおすすめの理由

大学生の一人暮らしにWiMAXがおすすめの理由 その1:回線を引く必要がなく、工事不要で利用できる

WiMAXの場合、WiFiルーターがあれば、パソコンやスマホ、タブレットをすぐにインターネットに接続できます。つまり、プロバイダと契約し、WiFiルーターが届いたらすぐに利用可能。即日開通に対応している点はWiMAXを利用する大きなメリットといえるでしょう。
また、光回線とは異なり、ネット回線を引くための回線工事が不要。回線工事を行う場合、「家に穴を空ける」、「工事中、業者の人が家に入る」等が必要になるケースもあるため、「家に穴を空けることができない」、「知らない人を家に上げたくない」という一人暮らしの大学生でも安心して利用できます。

大学生の一人暮らしにWiMAXがおすすめの理由 その2:利用料金が安い

WiMAXの場合、月額3,000円前後~4,500円前後と、比較的安い料金で利用することができます
ちなみに、WiMAXを提供する多くのプロバイダでは、「キャッシュバック」や「月額料金の大幅値引き」、「端末代無料」等、WiMAXをお得に利用できるキャンペーンを随時実施。
さらに、auのスマホを使っている場合は、「auのスマホ+WiMAX」のセット利用で毎月最大1,000円の割引が適用される「auスマートバリュー mine」を利用できます。(※2019年4月現在、対象のWiFiルーター:「WX05」「W06」 )
ネット回線の利用にかかる通信費を安く抑えられる点は、一人暮らしの大学生にとって、嬉しいポイントといえるでしょう。

大学生の一人暮らしにWiMAXがおすすめの理由 その3:ポケットWiFiの場合、外出先でも利用可能

WiMAXの利用に、持ち運びができる「ポケットWiFi」の端末(WiFiルーター)を利用すれば、自宅はもちろん、外出先でもWiMAXの回線でインターネットを使うことができます
外出先でWiMAXを利用する際、端末を持ち歩く必要があるため、荷物が増える点には注意が必要ですが、WiMAXを利用してスマホのデータ通信を行えば、スマホの通信データ容量を節約することも可能です。

大学生の一人暮らしでWiMAXを利用する際の注意点

大学生の一人暮らしでWiMAXを利用する際の注意点 その1:契約期間の縛りがある

WiMAXの場合、「2年」または「3年」の縛りがあり、契約更新月以外に解約する場合、1万円前後~2万円程度の解約金(※利用期間によって異なる)が発生する点には注意が必要です。契約更新月のタイミングでプロバイダを変更する場合は、手帳やカレンダーに契約更新月をメモするなどして、しっかり覚えておきましょう。

大学生の一人暮らしでWiMAXを利用する際の注意点 その2:通信速度制限がある

通信データ容量無制限のプランを契約している場合でも、WiMAXを使用し、直近3日間で10GB以上のデータ通信を行った場合、翌日の18時から2時までの8時間、通信速度が1Mbpsに制限されます
動画の視聴やゲームなど、通信データ容量を大きく消費するコンテンツを利用することが多い場合は注意が必要。

大学生の一人暮らしにおすすめのWiMAX

WiMAXがお得に利用できるキャンペーンが充実

recomendBIGLOBE WiMAX 2+(ビッグローブ ワイマックスツープラス)

BIGLOBE WiMAX 2+

料金プラン例 【Flatツープラス ギガ放題(3年)の場合】
※特典A(月額料金大幅値引き)適用時
  • 初期費用:3,000円
  • サービス開始月:0円
  • 1ヵ月目~36ヵ月目:月額3,620円
  • 37カ月目以降:月額4,380円
契約期間 3年
支払方法
  • クレジットカード:○
  • 口座振替:○
主な取り扱い端末 (2019年4月現在)
  • ポケットWiFi:W06、WX05
  • ホームルーター:L02
キャンペーン情報

〈選べる特典〉
キャンペーン期間中、BIGLOBE WiMAX2+に新規申し込みすると、もれなく「特典A」または「特典B」を利用可!(2019年5月6日まで ※口座振替以外の支払い方法の場合)

  • 特典A
    月額料金大幅値引き ※36ヵ月間の値引き総額:64,560円
  • 特典B
    キャッシュバック(※3万円)+値引き特典(※36ヵ月間の値引き総額:38,570円)

BIGLOBE WiMAX2+の特徴

大手インターネットプロバイダ「BIGLOBE(ビッグローブ)」が提供するWiMAXの通信サービス。
BIGLOBE WiMAX2+の特徴は、他のWiMAXと比較し、キャンペーンが充実している点。BIGLOBE WiMAX2+では随時、「月額料金大幅値引き」または、「キャッシュバック+月額料金値引き」の特典を用意しており、総額6万円以上お得にWiMAXを利用することができる。さらに、サービス開始月の月額料金が無料となっている点もチェックしておきたい。
また、クレジットカード払いの場合、最短翌日の配送に対応いており、申し込みから短期間でWiMAXを利用できる点も大きな魅力といえるだろう。
BIGLOBE WiMAX2+は、キャンペーンを重視し、お得に利用できるWiMAXを選びたい大学生におすすめ。

BIGLOBE WiMAX 2+へ行く

WiMAX通信サービス提供元「UQコミュニケーションズ」のWiMAX

recomendUQ WiMAX(ユーキューワイマックス)

UQ WiMAX

料金プラン例 【UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)】
  • 初期費用:3,000円
  • 月額:4,380円(※契約から最大3カ月間:月額3,696円で利用可)
契約期間 3年、2年
支払方法
  • クレジットカード:○
  • 口座振替:○
主な取り扱い端末
(2019年4月現在)
  • ポケットWiFi:W06、WX05、W05
  • ホームルーター:L02、HOME 01
キャンペーン情報

〈最大10,000円キャッシュバック〉
キャンペーン期間中、UQ WiMAX「ギガ放題3年プラン」に新規申し込みすると、最大10,000円キャッシュバック(※クレジットカードでの支払いの場合は、さらに3,000円キャッシュバック)

UQ WiMAXの特徴

KDDIグループのワイヤレスブロードバンド会社「UQコミュニケーションズ」が提供するWiMAXの通信サービス。WiMAX通信サービスの提供元であり、信頼・安心感があると、数あるWiMAX通信サービスのなかでもUQ WiMAXを選択するユーザーが多く、人気を集めている
また、UQ WiMAXでは、全国の飲食店や公共交通機関等で公衆無線LANサービスを利用できる「UQ Wi-Fiプレミアム」を無料で付帯することが可能。
さらに、15日間、無料でサービスをお試しできる「Try WiMAX」を用意しており、実際にサービスを利用し、接続状況や通信速度を確かめた上でサービスの利用が検討できる点は、他のWiMAXと比較しても大きな魅力といえるだろう。
安心して利用できるWiMAXを選びたい一人暮らしの大学生にとって、UQ WiMAXは有力な選択肢の一つ。

UQ WiMAXへ行く

大学生の一人暮らしにおすすめのネット回線 その2:光回線

光回線とは、光ファイバーを利用して、データを送信する通信回線のこと。光プロバイダと契約し、光ファイバーケーブルを自宅に引くことで、インターネットに接続できます。また、通信回線に光ファイバーを利用するため、他のインターネット接続方法と比較して、大容量の高速通信が可能
ストレスなくインターネットを利用したい場合や、動画の視聴やゲームなど、大容量のデータ通信を行うことが多い場合におすすめです。

大学生の一人暮らしに光回線がおすすめの理由

大学生の一人暮らしに光回線がおすすめの理由 その1:信速度が速い×回線品質が安定している

光回線は、通信に光ファイバーを利用していることに加え、自宅に直接回線を引くため、大容量の高速通信を行うことができます。また、外部からのノイズに強く、安定した通信を行うことが可能です。
通信速度が遅くなったり、途中で途切れたりする心配なくインターネットが利用できる点は、大学生の一人暮らしで光回線を利用する大きなメリットの一つ

大学生の一人暮らしに光回線がおすすめの理由 その2:通信速度制限を気にする心配がない

光回線の場合、通信データ容量を無制限で利用することができます。さらに、どれだけ大容量の高速通信を利用した場合でも、通信速度制限がかかることはありません。
一方、WiMAXの場合、通信データ容量無制限のプランでも、直近3日間で10GB以上のデータ通信を行うと翌日に通信速度が制限されてしまいます。
長時間、動画の視聴やゲームを行った場合でも、通信速度が制限されない点は、特に、大容量のデータ通信を行うことが多い大学生にとって、光回線を利用する嬉しいポイントといえるでしょう。

大学生の一人暮らしで光回線を利用する際の注意点

大学生の一人暮らしで光回線を利用する際の注意点 その1:回線を引くのに工事が必要

光回線を利用する場合、回線工事を行う必要があります。回線工事は、申し込み後すぐにできるわけではなく、申し込みの状況によっては、申し込みから回線工事まで1ヵ月程度かかるケースも。利用したいと思ったタイミングですぐに回線を引けない点には注意しましょう。
また、回線工事では、壁に穴を空けるケースもあるため、物件に穴を空けても問題ないか事前に確認しておくことが大切です。
加えて、回線工事の際、業者の方が家の中で作業を行うこともあるので、その点も事前に把握しておきましょう。

大学生の一人暮らしで光回線を利用する際の注意点 その2:月額料金がやや高め

光回線の月額料金は、4,000円~6,000円前後とWiMAXと比較するとやや高め。また、光回線の利用料金に加え、回線工事費が別途でかかるケースもあります。(※工事費は2~4万円程度。2年~3年で分割して支払うケースが多い)
その分、通信速度制限を気にせず、大容量の高速通信を利用できますが、毎月の通信費が高くつく点には注意しましょう。
光回線の中には、スマホとのセット利用で割引が適用されるものや、月額料金の値引きやキャッシュバック等のキャンペーンを行っているところもあるので、事前にチェックし、お得に利用できるところを選ぶのも一つの方法です

大学生の一人暮らしにおすすめの光回線

安定した高速通信が魅力

recomendNURO光(ニューロ ひかり)

NURO光(ニューロ ひかり)

料金プラン例 〈戸建て・マンション・アパート〉※ネットのみ
  • 基本工事費:40,000円 ※開通翌月から30回に分けて請求
  • サービス開始月:4,743円の日割り分
  • 2ヵ月目~:月額4,743円
契約期間 2年間
支払方法
  • クレジットカード:○
  • 口座振替:○
対応エリア
※2019年4月現在
※一部エリア除く
〈関東エリア〉
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
〈東海エリア〉
愛知・静岡・岐阜・三重
〈関西エリア〉
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
〈九州エリア〉
福岡・佐賀
キャンペーン情報

〈35,000円キャッシュバック〉

キャンペーンページ経由での新規申し込み+継続利用で、もれなく35,000円キャッシュバック

nuro光の特徴

ソニーグループのインターネットプロバイダ「So-net(ソニーネットワークコミュニケーションズ)」が提供する光回線。「下り最大2Gbps」という通信速度を誇り、インターネットはもちろん、動画や音楽コンテンツのダウンロード、ストリーミングサービスをストレスなく快適に利用することができる。また、回線利用料金、プロバイダ料金、無線LAN、セキュリティーサービス込みで月額4,743円とリーズナブルな料金を実現している点も魅力
関東・東海・関西・九州エリアのみと、対応エリアが限定される点には注意が必要だが、大学生の一人暮らしで、高速通信に対応した光回線の利用を検討する際、NURO光は有力な選択肢の一つといえるだろう。

NURO光(ニューロ ひかり)へ行く

コラム学生の一人暮らし 通信費の節約に格安SIMを利用する

一人暮らしの大学生の中には、毎月の通信費をできるだけ安く抑えるため、スマホ代を節約したいと考えている方もいるのではないでしょうか?
そうした場合に利用を検討したいのが、格安SIM。現在利用しているスマホ端末のSIMカードを格安SIMに差し替えるだけで、大手通信キャリアのスマホとほぼ同様の使い方ができ、毎月のスマホ料金を大幅に節約することが可能です
また、数ある格安SIMの中には、動画やSNSなど、特定のサービス利用時に発生する通信データ容量が通常のデータ通信量に含まれず、カウントフリーになるサービスを提供しているところも。特にスマホで特定のサービス利用が多い場合、そのサービスがカウントフリーの対象となっている格安SIMを利用することで、毎月のスマホ料金を節約しつつ、通信速度制限を気にする事なく、スマホを利用することが可能です
以下では、カウントフリーのサービスを提供しているおすすめの格安SIMをご紹介します。毎月のスマホ代を節約したいと考えている大学生はぜひチェックしてみてください。

スマホでの動画・音楽試聴が多い大学生におすすめ!

recomendBIGLOBEモバイル

biglobe

対応回線 ドコモ、au
主な料金プラン

〈音声通話機能付きSIM〉

  • 3ギガプラン(3GB):月額1,600円
  • 6ギガプラン(6GB):月額2,150円
  • 12ギガプラン(12GB):月額3,400円
  • 20ギガプラン(20GB):月額5,200円
  • 30ギガプラン(30GB):月額7,450円
カウントフリーオプション

〈エンタメフリーオプション〉

  • 音声通話機能付きSIM:月額480円
  • データ通信専用SIM/SMS機能付きSIM:月額980円
カウントフリー対象サービス
※2019年4月現在

■エンタメフリーオプション

〈動画〉
YouTube、AbemaTV、U-NEXT、YouTube Kids
〈音楽・ラジオ〉
Google Play Music、YouTube Music、Apple Music、Spotify、AWA、Amazon Music、LINE MUSIC、radiko.jp、らじる★らじる
〈SNS〉
Facebook(Messenger)
最低利用期間
  • 音声通話機能付きSIM:サービス開始日を含む月の翌月から1年間
  • SMS機能付きSIM:なし
  • データ通信専用SIM:なし
支払方法
  • クレジットカード:○
  • 口座振替:○
  • その他:ゆうちょ銀行自動払込

BIGLOBEモバイルの特徴

大手インターネットプロバイダ「BIGLOBE」が提供する格安SIM・格安スマホの通信サービス。ドコモとauの回線に対応している。
BIGLOBEモバイルでは、月額480円(※音声通話機能付きSIMの場合)でYouTubeやAbemaTV、Spotify等、特定の動画・音楽サービス利用時に発生する通信量が、通常の通信データ容量に含まれず、カウントフリーになる「エンタメフリー・オプション」を用意。このオプションを利用すれば、通信量や速度制限を気にすることなく、動画や音楽の視聴を楽しむことができる。
また、通信データ容量20GB・30Gの大容量プランを用意している点もチェックしておきたい。
スマホでの動画・音楽視聴が多い大学生であれば、格安SIMの利用を検討する際、BIGLOBEモバイルは有力な選択肢の一つといえるだろう。

BIGLOBEモバイルへ行く

スマホでのSNS利用が多い大学生におすすめ!

recomendLINEモバイル

LINEモバイル

対応回線 ドコモ、ソフトバンク
主な料金プラン 〈コミュニケーションフリープラン:音声通話機能付きSIM〉
  • 3GB:月額1,690円
  • 5GB:月額2,220円
  • 7GB:月額2,880円
  • 10GB:月額3,220円
カウントフリーオプション
※料金プランに含まれる
カウントフリー対象サービス

■コミュニケーションフリープランの場合

LINE、Twitter、Facebook、Instagram

※一部、カウントフリー対象外の機能あり。

最低利用期間
  • 音声通話機能付きSIM:サービス開始日を含む月の翌月から12ヵ月目の末日まで(※末日含む)
  • SMS機能付きSIM:なし
  • データ通信専用SIM:なし
支払方法
  • クレジットカード:○
  • 口座振替:-
  • その他:LINE Pay

LINEモバイルの特徴

コミュニケーションアプリでおなじみの「LINE」が提供する格安SIM・格安スマホの通信サービス。
ドコモとソフトバンクの回線に対応している。
LINEモバイルでは、「LINE」や「Twitter」「Facebook」「Instagram」等、特定のサービス利用時に発生する通信量が通常の通信データ容量にカウントされず、無料になる「カウントフリー(データフリー)」を料金プランに導入。コミュニケーションフリープランの場合、「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」がカウントフリーの対象サービスに含まれる。
また、LINEの年齢認証・ID検索に対応。さらに、利用開始月の月額基本料金が無料となっているほか、月額基本料金の1%分のLINEポイントを貯められる点も嬉しい。
LINEモバイルは、LINEをはじめ、スマホでのSNS利用が多い大学生におすすめの格安SIM。

LINEモバイルへ行く

大学生の一人暮らしにおすすめのネット環境 ~まとめ~

一人暮らしの大学生におすすめのネット環境について紹介した今回の特集はいかがでしたでしょうか?
自宅でインターネットを利用するには、いくつかの方法があるため、それぞれの特徴や料金、使いやすさ等を比較し、自分に合った方法を選ぶことが大切です
また、自宅でのインターネット利用には、契約期間の縛りが発生するケースも多いため、解約する際や他社に乗り換える際に、解約金などを支払うことがないよう、回線を契約する際は、「契約月」「契約更新月」をしっかりメモしておくのも大切なポイント。

これから自宅のネット環境を整えようと考えている一人暮らしの大学生の方は、本特集を参考に、快適にインターネットが利用できる自分に合った方法を見つけましょう。

SIMってなに?という方はこちら

Y!mobile