iPhoneを下取りに出す際のポイントとは?キャリア、Appleストアの下取りプログラムの特徴も紹介!

iPhoneの下取り キャリア・Appleストアの下取りを活用し、最新のiPhoneをお得に購入する方法

Posted on

iPhoneの下取り―キャリア・Appleストアの下取りを活用し、最新のiPhoneをお得に購入する方法

2018年9月に「iPhone Xs/Xs Max」、2018年10月には「iPhone XR」が発売し、数あるスマホ端末の中でも、高い人気を集めています。
iPhoneユーザーの中には、これまで使っていたiPhoneを下取りに出し、最新のiPhoneを少しでもお得に購入しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、iPhoneの下取りに注目。iPhoneの下取りを利用する際に知っておきたいポイントについて、わかりやすく解説します。さらに、大手通信キャリア3社とAppleストアが実施するiPhoneの下取りプログラムの紹介も。
最新のiPhoneをお得に購入したいと考えている方は、本特集を参考に、iPhoneの下取りについてチェックしましょう。

iPhoneの下取りを利用する際のポイント

今まで使っていたiPhoneを大手通信キャリアやAppleストアに下取りに出すと、新しいiPhoneを購入する際、割引等を受けることが可能です
下取りには、買取りと異なり、以下の特徴があります。

iPhoneの下取り チェックポイント

「電源が入らない」「修理が必要」等の場合を除き、機種によって下取り価格は同じ
内蔵ストレージの容量が異なっても、機種が同じであれば下取り価格は同じ。例えば、「iPhone 7」の場合、内臓ストレージが「32GB」でも「128GB」でも「256GB」でも買取価格は同じです。
箱や付属品は不要
下取りの対象となるのは、iPhone本体のみ。箱や付属品を大手通信キャリアやAppleストアに持って行く(あるいは郵送する)必要はありません。
下取りの対象になるのは、1回線につき1台まで
不要になったiPhoneをまとめて持って行っても、下取りの対象になるのは1台です。
最新モデルは下取りの対象にならない
次のモデルが発売するタイミングで、それまでの最新モデルが下取りの対象になるケースが多い点はチェックしておきましょう。
大手通信キャリアにiPhoneを下取りに出す場合、そのキャリアで新しい機種の購入・契約が必須
新たに2年縛りが発生する点には注意しましょう。将来的にiPhoneと格安SIMのセット利用を考えているのであれば、Appleストアに下取りに出すか、買取に持って行くのがおすすめです。

また、iPhoneを下取りに出す際は、「データのバックアップを取っておく」「端末を初期化しておく」ことも忘れずにやっておきましょう
ちなみに、下取り価格は、発売から時間が経つほど下がります。高額での下取りを希望する場合は、その端末を使わなくなったら、できるだけ早めに下取りに出すのがおすすめ。

コラム

iPhoneの買取

不要になったiPhoneを「下取り」に出すべきか、「買取り」に出すべきか迷われる方も多いのではないでしょうか?
下取りに出すと、下取りした分は、新しいiPhoneの購入価格割引に充てられますが、買取りに出すと、買い取ってもらった分を現金として受け取ることが可能です
また、買取には下取りとは異なる以下の特徴があります。

iPhoneの買取 チェックポイント

  • iPhoneの状態によって買取価格が異なる
    画面割れや傷、汚れがある場合は、買取価格が下がります。また、内臓ストレージの容量によっても、買取価格が異なる点はチェックしておきましょう。(※内臓ストレージの容量が多い方が買取価格は高額)
  • 箱や付属品の有無によって買取価格が異なる
    箱や、イヤホン・充電ケーブル・説明書等の付属品が揃っていた方が、高額での買取りが期待できます。
  • 1度に複数台を買い取ってもらえる
    下取りは、1回線につき1台までですが、買取の場合、家にある不要になったスマホを複数台まとめて出すことが可能です。中古ショップ・買取り専門店によっては、複数台をまとめて買取に出すことで、買取価格がアップするケースも。
  • 最新モデルも買取対象
    発売したばかりの最新モデルも買い取ってもらうことが可能。下取りの場合、最新モデルは下取り対象外となるケースが多いため、最新モデルが不要になった場合は、買取りを利用しましょう。

iPhoneの状態や機種によっては、下取りに出すよりも、高額で買取りしてもらえるケースがあります。
不要になったiPhoneを下取りまたは、買取りに出す場合は、下取り価格・買取り価格がそれぞれいくらになるのかを確認し、お得度の高い方を選ぶと良いでしょう

ちなみに、iPhoneを買取りに出す際は、宅配買取に強みを持つ「ネットオフ」がおすすめ。ネットオフでは、高価買取が期待できるキャンペーンを実施している他、不要になったiPhoneをダンボール(※無料提供あり)に詰めるだけで、簡単に買取りに出すことが可能です。iPhoneを買取りに出す際は要チェック。

大手通信キャリア・Appleストアが実施するiPhoneの下取りプログラム

ここでは、大手通信キャリア・Appleストアが実施するiPhoneの下取りプログラムについて詳しくご紹介します。
使わなくなったiPhoneは、大手通信キャリアやAppleストアが実施する「下取りプログラム」を利用し、下取りに出すことが可能です。また、下取り価格は、どこの下取りプログラムを利用するかによって変わります。

iPhoneの下取り価格を比較

2018年11月6日現在、iPhone X/8 Plus/8の3機種の下取り価格は以下の通りです。

iphonex・画像

ドコモ(機種変更・乗り換え共通) 〈良品〉60,000円
〈画面割れ〉18,000円
au (機種変更:au→au) 〈良品〉63,720円相当
〈画面割れ〉19,440円相当
au (乗り換え:他社→au) 〈良品〉最大63,720円
〈画面割れ〉最大19,440円
ソフトバンク (機種変更:ソフトバンク→ソフトバンク) 〈良品〉63,600円
〈破損品〉19,080円
ソフトバンク (乗り換え:他社→ソフトバンク) 〈良品〉54,000円
〈破損品〉16,200円
Appleストア 非公開
※端末の状態によって異なる

iphone8plus・画像

ドコモ(機種変更・乗り換え共通) 〈良品〉45,000円
〈画面割れ〉13,500円
au (機種変更:au→au) 〈良品〉39,960円相当
〈画面割れ〉11,880円相当
au (乗り換え:他社→au) 〈良品〉最大39,960円
〈画面割れ〉最大11,880円
ソフトバンク (機種変更:ソフトバンク→ソフトバンク) 〈良品〉39,600円
〈破損品〉11,880円
ソフトバンク (乗り換え:他社→ソフトバンク) 〈良品〉30,000円
〈破損品〉9,000円
Appleストア 非公開
※端末の状態によって異なる

iphone8・画像

ドコモ(機種変更・乗り換え共通) 〈良品〉38,000円
〈画面割れ〉11,400円
au (機種変更:au→au) 〈良品〉33,480円相当
〈画面割れ〉10,260円相当
au (乗り換え:他社→au) 〈良品〉最大33,480円
〈画面割れ〉最大10,260円
ソフトバンク (機種変更:ソフトバンク→ソフトバンク) 〈良品〉33,360円
〈破損品〉10,080円
ソフトバンク (乗り換え:他社→ソフトバンク) 〈良品〉23,760円
〈破損品〉7,200円
Appleストア 非公開
※端末の状態によって異なる

また、2018年11月6日現在、iPhone7/6s/SEの3機種の下取り価格は以下の通り。

iphone7・画像

ドコモ(機種変更・乗り換え共通) 〈良品〉23,000円
〈画面割れ〉6,900円
au (機種変更:au→au) 〈良品〉23,760円相当
〈画面割れ〉7,560円相当
au (乗り換え:他社→au) 〈良品〉最大23,760円
〈画面割れ〉最大7,560円
ソフトバンク (機種変更:ソフトバンク→ソフトバンク) 〈良品〉23,760円相当
〈破損品〉7,200円相当
ソフトバンク (乗り換え:他社→ソフトバンク) 〈良品〉23,760円相当
〈破損品〉7,200円相当
Appleストア 非公開
※端末の状態によって異なる

iphone6s・画像

ドコモ(機種変更・乗り換え共通) 〈良品〉10,000円
〈画面割れ〉3,000円
au (機種変更:au→au) 〈良品〉14,040円相当
〈画面割れ〉4,320円相当
au (乗り換え:他社→au) 〈良品〉最大14,040円
〈画面割れ〉最大4,320円
ソフトバンク (機種変更:ソフトバンク→ソフトバンク) 〈良品〉13,680円
〈破損品〉4,200円
ソフトバンク (乗り換え:他社→ソフトバンク) 〈良品〉13,680円
〈破損品〉4,200円
Appleストア 非公開
※端末の状態によって異なる

iphoneSE・画像

ドコモ(機種変更・乗り換え共通) 〈良品〉7,000円
〈画面割れ〉2,100円
au (機種変更:au→au) 〈良品〉7,560円相当
〈画面割れ〉2,160円相当
au (乗り換え:他社→au) 〈良品〉最大7,560円
〈画面割れ〉最大2,160円
ソフトバンク (機種変更:ソフトバンク→ソフトバンク) 〈良品〉7,200円
〈破損品〉2,160円
ソフトバンク (乗り換え:他社→ソフトバンク) 〈良品〉4,800円
〈破損品〉1,440円
Appleストア 非公開
※端末の状態によって異なる

ちなみに、Appleストアの場合、2018年11月現在、端末の下取り価格は非公開となっていますが、端末の製造番号(IMEI)を入力後、端末のスペック(容量やカラー)を選択し、端末の状態に関する質問(電源が入るか、ディスプレイの状態は良好か等)に回答すると、オンライン上で簡単に下取り価格を確認することができます。

現在、使用しているiPhoneをできるだけ高い価格で下取りに出したい場合は、キャリア・Appleストアの下取り価格を比較した上で、下取りに出すところを選ぶと良いでしょう。
ただし、iPhoneをキャリアに下取りに出す場合、そのキャリアで新しく端末を購入・契約する必要があり、新たに2年縛りが発生する点には注意が必要
将来的に、iPhoneと格安SIMをセットで利用し、通信費の節約を考えているのであれば、Appleストアに下取りに出し、SIMフリーのiPhoneを購入するのも一つの方法です。

iPhoneの下取りプログラムを比較

大手通信キャリア

recomendドコモ

ドコモ

チェックポイント
  • 「良品」と「画面割れ」で下取り価格が異なる
  • iPhoneの箱や付属品は不要
下取り特典
  • 新たに購入した端末の割引
iPhoneの下取り条件 ■iPhoneの状態
  • ネットワーク利用制限がかかっていないこと
  • 故障、水濡れ、破損がなく、正常に動作すること(※修理が必要な場合は下取り対象外)
  • iPhoneに記録されているメモリ/データが消去できること
  • 電源ボタンやリアカバーなど、本体に付属しているものに紛失がないこと
■その他
  • 下取りiPhoneからの乗り換えまたは機種変更で、ドコモが販売するiPhoneやスマホ等を購入
  • 「dポイントクラブ」または「ドコモビジネスプレミアクラブ」への加入
iPhoneの下取り申し込み
  • ドコモショップ
  • ドコモ取り扱い店舗
  • ドコモオンラインショップ

ドコモへ行く

recomendau

au

チェックポイント
  • 「機種変更(auからau)」と「乗り換え(他社からau)」で下取り価格が異なる
  • iPhoneの箱や付属品は不要
下取り特典
  • 機種変更:WALLETポイントでの還元(1ポイント1円相当)
  • 乗り換え:「端末の購入代金から割引」または「通信料金から割引(24回)」
iPhoneの下取り条件 ■iPhoneの状態
  • 故障、水濡れがなく、正常に動作すること。
※以下の場合は下取り対象外
  • 電源が入らない
  • 充電を行っても充電ランプが点灯しない
  • 暗証番号ロック解除とオールリセットが実施されない
  • 水濡れシールに水濡れ反応がある
  • 製造番号が確認できない、改造などメーカーの保証外となるような場合
  • 契約者が下取り対象機種の所有権を有さない
  • ネットワーク利用制限がかかっている
■その他
  • 下取りiPhoneからの乗り換えまたは機種変更で、auが販売するiPhoneやスマホ等を購入
  • 「auWALLETポイントプログラム」への加入
iPhoneの下取り申し込み
  • auショップ
  • au Online Shop
  • 郵送

auへ行く

recomendソフトバンク

ソフトバンク

チェックポイント
  • 「機種変更(ソフトバンクからソフトバンク)」と「乗り換え(他社からソフトバンク)」で下取り価格が異なる
  • iPhoneの箱や付属品は不要
  • 下取りプログラムで適用条件を満たさない場合でも「故障端末買取キャンペーン」に申し込むと、最大9,000ポイントのTポイントが付与される場合も
下取り特典
  • 機種変更:「通信料金から割引(24回分)」+「ソフトバンクカードへのプリペイドバリューチャージ」
  • 乗り換え:通信料金から割引(24回分)
iPhoneの下取り条件 ■iPhoneの状態
  • 製造番号(IMEIなど)が確認でき、メーカーの保証対象外(改造されているなど)ではないこと。
※以下の場合は下取り対象外
  • 電源が入らない(スリープボタンが正常に機能しない)
  • 初期化されていない(各種ロックが解除されていない)
■その他
  • 下取りiPhoneからの乗り換えまたは機種変更で、ソフトバンクが販売するiPhoneやスマホ等を購入
  • ソフトバンクカードへの加入(※機種変更で「プリペイドバリューチャージ」特典を利用する場合)
iPhoneの下取り申し込み
  • ソフトバンクショップ
  • オンラインショップ(→郵送)

ソフトバンクへ行く

Appleストア

recomendAppleストア

Appleストア

チェックポイント
  • Appleストア(実店舗)で下取りに出す場合、新しい端末の購入が必要
  • Appleストア(オンライン)の下取りでもらえる「Apple Storeギフトカード」は有効期限なし。Apple製品の購入等に利用可能
下取り特典
  • Appleストア店頭:端末の購入代金から割引
  • Appleストア オンライン:Apple Storeギフトカードプレゼント
iPhoneの下取り条件
  • 非公開
iPhoneの下取り申し込み
  • Appleストア(実店舗)
  • Appleストア(オンライン)

Appleストアへ行く

コラム

SIMフリーiPhone×格安SIM

Appleストアに今まで使っていたiPhoneを下取りに出し、新しくSIMフリーのiPhoneを購入するのであれば、SIMフリーiPhoneと格安SIMのセット利用がおすすめ。
格安SIMを利用すれば、毎月の通信費を節約することができ、リーズナブルな価格でiPhoneを使うことが可能です。iPhoneを下取りに出す際は、その後、どの通信回線を利用するのかも検討した上で、どこにiPhoneを下取りに出すのかを決めると良いでしょう。

ちなみに、大手通信キャリアのiPhoneを購入・契約した場合でも、長期利用を考えると、解約金・MNP転出手数料等を考慮しても、格安SIMを利用した方がトータルして安い料金でiPhoneが利用できるケースもあります。
スマホ料金の節約を考えるのであれば、格安SIMを利用した場合の金額もシミュレーションした上で、お得に・便利に利用できる通信会社・料金プランを選択しましょう。

SIMフリーiPhoneとのセット利用におすすめの格安SIM

recomendmineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

対応回線 ドコモ・au・ソフトバンク
主な料金プラン 【音声通話機能付きSIM(デュアルタイプ):auプラン】
  • 500MB:1,310円
  • 3GB:1,510円
  • 6GB:2,190円
  • 10GB:3,130円
  • 20GB:4,590円
  • 30GB:6,510円
特徴
  • 光回線「eo光」などで有名な関西のプロバイダ「ケイ・オプティコム」が提供する格安SIMの通信サービス。ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアに対応
  • MMD研究所「格安SIM利用動向調査iPhone利用者シェア(2018年3月・9月)」において2年連続第1位を獲得!
  • iPhone Xs/Xs Maxの動作確認済み
  • 長く使う分だけお得になる、mineoならではの長期利用特典を用意!他社にはないユニークなサービスが魅力

mineo(マイネオ)へ行く

recomendLINEモバイル

LINEモバイル

対応回線 ドコモ・ソフトバンク
主な料金プラン 【音声通話機能付きSIM・コミュニケーションフリープラン】
  • 3GB:1,690円
  • 5GB:2,220円
  • 7GB:2,880円
  • 10GB:3,220円
特徴
  • コミュニケーションアプリでおなじみの「LINE」が提供する格安SIMの通信サービス。ドコモ回線・ソフトバンク回線に対応
  • LINEやTwitter、Facebook、Instagram等、特定のサービス利用時に発生する通信量が通常の通信データ容量に含まれない「データフリー」を料金プランに導入
  • iPhone Xs/Xs Maxの動作確認済み
  • LINEの年齢認証、ID検索に対応。さらに、利用開始月は、月額基本料金が無料

LINEモバイルへ行く

recomendOCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

対応回線 ドコモ
主な料金プラン 【音声通話機能付きSIM】
  • 110MB/日:1,600円
  • 170MB/日:2,080円
  • 3GB/月:1,800円
  • 6GB/月:2,150円
  • 10GB/月:3,000円
  • 20GB/月:4,850円
  • 30GB/月:6,750円
特徴
  • NTTコミュニケーションズが提供する格安SIMの通信サービス
  • 「10分かけ放題(月額850円)」「トップ3かけ放題(月額850円)」等、オプションのかけ放題サービスが充実。090・080で始まる電話番号での通話が多い人におすすめ!
  • iPhone Xs/Xs Max(※SIMフリー版)の動作確認済み
  • 全国約86,000ヵ所の無料Wi-Fiスポットを利用可

OCN モバイル ONEへ行く

iPhoneの下取り~まとめ~

iPhoneの下取りについて解説した今回の特集はいかがでしたか?
下取りを利用すれば、最新のiPhoneをお得に購入することが可能です。新しいスマホに機種変更をすると、これまで使っていた機種は不要になるケースが多いため、機種変更をする際は、下取りも上手く活用すると良いでしょう。
また、下取りに出す会社によって、下取り価格や、適用される特典が異なります。大手通信キャリア各社・Appleストアが実施するiPhoneの下取り価格や、下取りプログラムの内容を比較し、お得に利用できるところを選ぶと良いでしょう。

本特集を参考に、最新のiPhoneをお得に購入する方法として、これまで使っていたiPhoneの下取りを検討してみてはいかがでしょうか?

SIMってなに?という方はこちら

Y!mobile