格安SIMや格安スマホの「データ通信専用」とは?初心者にもわかりやすく解説。

格安SIM、格安スマホの「データ通信専用」とは? 格安SIMや格安スマホの「データ通信専用」について、初心者の方にもわかりやすく解説

Posted on

初心者必見!Q&A

Q. 格安SIMや格安スマホの料金プランで見かけるデータ通信専用って、どういう意味ですか?

「データ通信専用」とは、インターネット通信のみを行うことができる格安SIMのことです。

しむしむ

格安スマホで利用するSIMカード(格安SIM)には、「音声通話機能付きSIM」「SMS機能付きSIM」「データ通信専用SIM」の3種類があります
「データ通信専用」とは、「データ通信専用SIM」のこと。その名の通り、データ通信(インターネット通信)のみを行うことがで、080・090で始まる電話番号やSMS(ショートメッセージサービス)機能には対応していません。
データ通信専用SIMのメリットは、3種類の格安SIMの中で、最も安い料金で利用できる点。ガラケーとの2台持ちを考えている人や、月額のスマホ料金をとにかく安くしたい人にはおすすめと言えるでしょう
ちなみに、データ通信専用SIMでも、通話が必要な場合には「050plus」などのIP電話アプリを利用すれば、通話が可能です。
また、データ通信専用SIMは、月額150円前後をプラスすることで、SMS機能を付けることができ、SMS機能付きSIMとして利用することが可能。080・090で始まる電話番号は不要だが、LINEをはじめ、SMSによる認証が必要なアプリやサービスを利用する場合には、SMS機能付きの格安SIMがおすすめです。

格安SIMには、「音声通話機能付きSIM」「SMS機能付きSIM」「データ通信専用SIM」の3種類があり、自分のスマホの使い方に合った格安SIMを選ぶことが大切だと言えるでしょう。

SIMってなに?という方はこちら

格安SIMと格安スマホに関するQ&A 一覧