スマホの通話料金は、着信者側にも発生する?スマホの素朴な疑問を初心者にもわかりやすく解説。

スマホの通話料金は、着信した側にも発生する? スマホの通話料金は、着信者側にも発生する?スマホの素朴な疑問を初心者にもわかりやすく解説。

Posted on

初心者必見!Q&A

Q.スマホの通話料金は、発信した側だけではなく、着信した側にも発生するのでしょうか?

スマホの通話料金は、国内での音声通話(090、080から始まる電話番号での通話)の場合、発信した側にのみ発生します。ただし、国際電話の場合、着信した側にも通話料金が発生する場合があります。

しむしむ

これは、大手通信キャリアのスマホの場合だけではなく、格安スマホを利用した場合も同様。格安スマホの通話料金は、国内で音声通話を利用した場合、発信した側にのみ発生し、着信した側に通話料金が課せられることはありません

ちなみに、格安スマホの場合、通話料金は1回の音声通話につき20円/30秒。最近では、多くの通信事業者が、1回5分以内・10分以内の国内通話がかけ放題になるオプションを月額800円前後で提供しているので、格安スマホで音声通話をする機会の多い人は、こうしたプランを上手く活用すると良いでしょう。(※ちなみに、格安スマホの通信事業者の中には、1回5分以内・10分以内の国内通話かけ放題が料金プランに含まれているところもあります)

また、格安スマホ利用者の中には、050の電話番号から始まるIP電話サービスや、「LINE」「Skype」等の無料通話アプリを使って、通話料金の節約を考えている方も多いのではないでしょうか?
確かに、IP電話サービスや、無料通話アプリを利用すれば、音声通話を利用した場合と比較し、通話料金を大きく節約することが可能です。ただし、IP電話サービスや、無料通話アプリは、インターネット回線を使っての通話になるため、発信した側・着信した側の両方にパケット通信料(データ通信料)が発生する点には注意が必要
IP電話サービスや無料通話アプリを利用することの多い方は、利用頻度に応じて、通信データ容量の多いプランを選択するのがおすすめです。

格安スマホで通話をする機会の多い方は、かけ放題のオプションやIP電話サービス等を活用し、毎月のスマホ料金を上手に節約しましょう。

しむしむ厳選!音声通話におすすめの格安SIM 3選

recomendY!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile

  • 大手通信キャリア「ソフトバンク」が運営する格安SIM・格安スマホの通信サービス。ソフトバンク回線に対応
  • 高速データ通信と、1回10分以内の国内通話かけ放題がセットになった「スマホプラン(S/M/L)」を用意
  • Yahoo!JAPANと連携し、「Yahoo!プレミアム」が無料になるサービスが付帯。Yahoo!ショッピングやLOHACOでの買い物時、お得にポイントが貯められる

Y!mobileへ行く

recomendLINEモバイル(ラインモバイル)

LINEモバイル

  • コミュニケーションアプリでおなじみの「LINE」が提供する格安SIM・格安スマホの通信サービス。ドコモとソフトバンク、auの回線に対応
  • LINEアプリでの音声通話利用時に発生する通信量が、通常の通信データ容量に含まれず、無料で利用できる「データフリー」の対象!LINEで音声通話をよく利用する人におすすめ
  • 通話アプリ「いつでも電話」を使えば、月額880円で10分以内の国内通話が何度でもかけ放題になるオプション「10分電話かけ放題オプション」を用意
  • LINEの年齢認証・ID検索に対応

LINEモバイルへ行く

recomendBIGLOBEモバイル(ビッグローブモバイル)

BIGLOBEモバイル

  • 大手インターネットプロバイダ「BIGLOBE」が提供する格安SIM・格安スマホの通信サービス。ドコモとauの回線に対応
  • 1回3分以内・10分以内の国内通話がかけ放題になる「BIGLOBEでんわ 3分かけ放題(月額600円)/10分かけ放題(月額830円)」、最大60分・90分の国内通話が定額で利用できる「BIGLOBEでんわ 通話パック60(月額600円)/通話パック90(月額830円)」等、通話オプションが充実
  • 通信データ容量を気にすることなくYouTubeやAbemaTV、Spotify等の動画・音楽コンテンツを楽しみたいユーザー向けに月額480円~のオプション「エンタメフリー・オプション」を用意

BIGLOBEモバイルへ行く

SIMってなに?という方はこちら

格安SIMと格安スマホに関するQ&A 一覧