格安SIMを利用する際の初期費用とは?格安SIMの素朴な疑問を初心者にもわかりやすく解説!

格安SIMを利用する場合の初期費用はどのくらいかかる? 格安SIMを利用する場合の初期費用は、何にいくらくらいかかる?格安SIMの素朴な疑問を初心者にもわかりやすく解説。

Posted on

初心者必見!Q&A

Q.格安SIMを利用する場合の初期費用って、全部でいくらくらいかかるんですか?

格安SIMを利用する場合、初期費用として、大きく、MVNOに支払う「契約事務手数料」と、大手通信キャリアに支払う「解約手数料」「MNP転出手数料」の3つの手数料が発生します。この3つの手数料を合計すると、最大約16,000円。

しむしむ

では、それぞれ、どのくらいの金額がかかるのでしょうか。各手数料の詳細は以下の通りです。

①MVNOの契約事務手数料・・・3,000円程度 ※MVNOによって異なる
格安SIMを発行するMVNOに支払う登録事務手数料のこと。実施しているキャンペーンによっては、無料になるケースもあります
また、MVNOによっては、上記の登録事務手数料に加え、300円~400円程度のSIMカード発行手数料が発生する場合もあるので、事前に確認しておきましょう。
ちなみに、大手通信キャリアからの乗り換えではなく、全く初めてスマホを契約する場合、初期費用はこの契約事務手数料のみ。

②大手通信キャリアの解約手数料・・・9,500円
大手通信キャリアから格安SIMに乗り換える場合に発生する手数料。ただし、「2年縛り」が終了する契約更新月のタイミングで解約すれば、この手数料は発生しません
3つの手数料の中で、この解約手数料が最も高いため、初期費用の節約を考えるのであれば、契約更新月に大手通信キャリアを解約するのがおすすめ。
ちなみに、最近では、大手通信キャリアが提供する一部のプランで「2年縛り」がないものも登場しており、そうしたプランを利用すれば、解約手数料は発生しません。格安SIMに乗り換える際は、現在契約しているプランが「2年縛り」の対象なのか、事前に確認しておきましょう。

③MNP転出手数料・・・2,000円~3,000円
現在使っている電話番号を、格安SIMに乗り換えた後も引き続き使う場合の「MNP」利用に発生する手数料。大手通信キャリアから格安SIMに乗り換える場合、現在契約している大手通信キャリアに対して支払う手数料です。
ちなみに、このMNP転出手数料は、ドコモが2,000円、au・Softbankが3,000円。

新たにスマホ端末を購入する場合は、上記の手数料に加え、端末代が必要になります。

また、LINEモバイル楽天モバイル等、数あるMVNOの中には、「利用開始月の月額料金が無料」といったサービスを提供しているところもあるので、上手く活用すると、さらに初期費用を抑えることができる点は要チェック!

一口に「初期費用」と言っても、そこには上記でご紹介したようないくつかの手数料が含まれます。
「”初期費用”という括りで、格安SIMの利用に思いのほか、お金がかかった」・・・ということがないよう、格安SIMを利用する際は、初期費用にかかる料金を、事前にしっかり確認しておきましょう。

しむしむのおすすめ格安SIM

recomendLINEモバイル

LINEモバイル

  • コミュニケーションアプリでおなじみの「LINE」が提供する格安SIMの通信サービス
  • LINE、Twitter、Facebook等、特定のサービス利用時に発生するデータ通信が、通常の通信データ容量に含まれない「カウントフリー」を料金プランに導入!
  • LINEのID検索・年齢認証に対応している唯一のMVNO

LINEモバイルへ行く

recomend楽天モバイル

楽天モバイル

  • インターネット通販最大手「楽天グループ」のプロバイダ「楽天コミュニケーションズ」が提供する格安SIMの通信サービス
  • 毎月のスマホ料金の支払に楽天カードを利用すれば、楽天スーパーポイントを使う&貯めることが可能
  • 格安SIM・格安スマホがお得に利用&購入できるキャンペーンが充実

楽天モバイルへ行く

格安SIMと格安スマホに関するQ&A 一覧