現在契約している格安SIMを見直し、別の格安SIMへ乗り換える際のポイントを解説

格安SIMから格安SIMへの乗り換え  格安SIMを見直す際のポイントをわかりやすく解説

Posted on

格安SIMから格安SIMへの乗り換え

近年、価格の安さだけではなく、特徴的なサービスを提供する格安SIMが増えています。格安SIMは、料金だけではなく、サービスも比較して、選ぶ時代になったと言えるでしょう。

すでに格安SIMを利用されている方の中には、「今よりも毎月のスマホ料金を節約したい」「よりお得に格安SIMを使いたい」等の理由から、別の格安SIMへの乗り換えを検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
現在、格安SIMを利用している方でも、契約内容を見直し、他の格安SIMへ乗り換えることで、さらにスマホ料金を節約し、お得に利用することが可能です

そこで、本特集では格安SIMから格安SIMへの乗り換えに注目。他の格安SIMへ乗り換える際の見直しポイントや、おすすめの格安SIMをご紹介します。
本特集を参考に、毎月のスマホ料金がさらに節約でき、よりお得に利用できる自分に合った格安SIMを見つけましょう。

格安SIMから格安SIMへの乗り換え チェックポイント

はじめに、格安SIMから他の格安SIMに乗り換える際に、チェックしておきたいポイントをご紹介します。

格安SIMから格安SIMへの乗り換え チェックポイントその1
最低利用期間と解約金をチェックする

格安SIMは、SIMカードの種類によって、以下のように最低利用期間が設定されている場合があり、その期間内に解約すると、解約金(※1万円程度。通信事業者によって異なる)が発生します

格安SIMの最低利用期間

  • データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM:最低利用期間なし
  • 音声通話機能付きSIM:→1年

格安SIMを乗り換える際は、現在契約している格安SIMの種類や利用期間を確認し、解約時に解約金が発生するかどうかチェックしておきましょう。

格安SIMから格安SIMへの乗り換え チェックポイントその2
MNPの利用

現在、音声通話機能付きの格安SIMを利用している場合、乗り換えの際には、現在契約中の通信事業者でMNP(携帯電話番号ポータビリティ―)を行い、格安SIMを乗り換えた後も、同じ電話番号が使えるように手続きをする必要があります。ちなみに、MNPを行う際は、MNP移転費用として3,000円程度が発生。
ただし、通信事業者によっては、格安SIMから格安SIMへのMNPに対応していないところも。格安SIMから格安SIMへ乗り換える際は、乗り換え先の格安SIMを提供する通信事業者が、格安SIMからのMNPに対応しているのかを、しっかり確認しておくことが大切です。

※データ通信専用SIM・SMS機能付きSIMを利用している場合、MNPの手続きは必要ありません。

格安SIMから格安SIMへの乗り換え 見直しのポイント

格安SIMから格安SIMへの乗り換えを検討する際は、以下の5つのポイントから見直しましょう。
ここでは、そのポイントや、おすすめの格安SIMについてご紹介します。

格安SIMから格安SIMへの乗り換え 見直しのポイントその1
音声通話

格安SIMで、080・090から始まる電話番号での音声通話を利用する場合、基本的には30秒20円の通話料金が発生します。そのため、格安SIMで音声通話を利用することが多い場合、大手通信キャリアの月額料金を上回ってしまうことも。
数ある格安SIMの中には、1回5分~10分以内の国内通話がかけ放題オプションを月額800円~1,000円前後で提供しているところがあり、こうしたオプションを利用することで、通話料金を節約することが可能です
仕事や家族との連絡手段に音声通話を利用することが多い人は、「かけ放題プラン」のある格安SIMへの乗り換えがおすすめ。

通話定額オプションで選ぶ!おすすめの格安SIM

recomendOCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

NTTコミュニケーションズが提供する格安SIMの通信サービス。OCN モバイル ONEでは、毎月の通信データ容量が決まっているプランに加え、「110MB/日コース」をはじめ、1日単位で通信データ容量が決まっている料金プランも用意している。通話定額オプションでは、月額850円で10分以内の国内通話が何度でもかけ放題になる「10分かけ放題」、月額850円で、その月の国内通話料金上位3番号の通話料が無料になる「トップ3かけ放題」、月額1,300円で「10分かけ放題+トップ3かけ放題」が利用できる「かけ放題ダブル」の3種類を用意
格安SIMでの音声通話利用が多い人であれば、ぜひチェックしておきたい格安SIMの一つ。

OCN モバイル ONE

格安SIMから格安SIMへの乗り換え 見直しのポイントその2
通信速度

格安SIMは、大手通信キャリアの回線を借りて、サービスを提供しています。そのため、安い料金でのサービス提供を実現していますが、その分、通信速度は大手通信キャリアと比較すると差があり、時間帯や使用するエリアによっては、遅くなりがちです。
現在使用している格安SIMの通信速度に不満があり、快適にインターネットが利用できる格安SIMを使いたい…という場合は、通信速度や回線品質に定評のある格安SIMへの乗り換えがおすすめ。格安SIMを乗り換えることで、快適にスマホでインターネットが利用できるようになります。

通信速度・回線品質で選ぶ!おすすめの格安SIM

recomendUQmobile

UQmobile

「UQ WiMAX」でおなじみのワイヤレスブロードバンド会社「UQコミュニケーションズ」が提供する格安SIM。回線品質と通信速度に定評があり、MMD研究所が実施した「格安SIMサービスの満足度調査(2017年9月)」において総合第1位を獲得する等、利用者からの高い満足度を獲得している
また、UQmobileでは、高速データ通信と無料通話がセットになった「ぴったりプラン・おしゃべりプラン」を用意しており、月額1,980円~と、リーズナブルな料金で利用可能。リーズナブルな月額料金で、快適なインターネットを楽しみたい人におすすめの格安SIMとしてチェックしておきたい。

UQmobile

格安SIMから格安SIMへの乗り換え 見直しのポイントその3
カウントフリー

スマホ利用のほとんどが「動画・音楽の視聴」「SNSアプリの利用」という方もいらっしゃるのではないでしょうか? そのような方におすすめしたいのが、特定のアプリを使用する際のデータ通信量が、通常の通信データ容量にカウントされず、使い放題になる「カウントフリー」が導入されている格安SIMの利用。数ある格安SIMの中には、カウントフリーが料金プランに導入されているところや、オプションとして利用できるところがあり、通信データ容量を気にすることなく、動画・音楽の視聴や、SNSアプリを楽しむことが可能です。
動画・音楽の視聴や、SNSアプリの利用等、特定のアプリを利用することが多い方は、そのアプリがカウントフリーになる格安SIMへの乗り換えを検討すると良いでしょう。通信データ容量・スマホ料金の両方が節約できます。

カウントフリーで選ぶ!おすすめの格安SIM

recomendLINEモバイル

LINEモバイル

コミュニケーションアプリ「LINE」で高い人気・知名度を誇る「LINE」が提供する格安SIM。
LINEモバイルでは、「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」等、特定のサービス利用時に発生する通信量がカウントされず、無料になる「カウントフリー」を料金プランに導入。「LINE」のみがカウントフリーの対象になる「LINEフリープラン」は月額500円(※データ通信専用SIMの場合)からとリーズナブルな料金で利用することができる。
LINEやTwitter、Facebook等、SNS系アプリの利用が多い人は要チェック。

LINEモバイル

recomendBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

大手インターネットプロバイダ「BIGLOBE」が提供する格安SIM。
BIGLOBEモバイルでは、「YouTube」や「AbemaTV」「Spotify」等、特定の動画・音楽サービス利用時に発生する通信量が通常の通信データ容量にカウントされず、無料で利用できるオプション「エンタメフリー・オプション」を用意しており、月額480円~(※音声通話機能付きSIMの場合。データ通信専用SIM・SMS機能付きSIMの場合は月額980円)利用することができる。
スマホでの動画・音楽視聴が多いであれば、格安SIMを乗り換える際、ぜひ候補に入れておきたい。

BIGLOBEモバイル

格安SIMから格安SIMへの乗り換え 見直しのポイントその4
サポート

格安SIMを利用されている方の中には、サポート体制に不安・不満を抱えている方もいるはずです。格安SIMを提供する通信事業者は、店舗を構えないことで経費を削減し、低価格でのサービス提供を実現しているため、すぐにサポートが受けられないケースがほとんど。
しかし、最近ではサポート体制が充実している格安SIMが登場。実店舗を構え、店舗でのサービスが受けられるところや、出張でのサポート・アフターサポートを提供しているところも。修理対応など、万一の際の対応を重視したい方は、「実店舗がある」「サポート体制が充実している」等の点に注目し、格安SIMを選ぶのがおすすめです。

サポートで選ぶ!おすすめの格安SIM

recomendイオンモバイル

イオンモバイル

イオングループの「イオンリテール」が提供する格安SIM。イオンモバイルでは、実店舗でのサポートサービスが充実。全国200以上の店舗にて、格安SIM・格安スマホの申し込みができる他、故障修理の受付や料金プランの変更等にも対応している。また、格安SIMの種類に関わらず、最低利用期間がなく、解約金が発生しない点も魅力。
イオンモバイルは、近くにイオンがあり、サポートが充実した格安SIMを利用したい人におすすめの格安SIMと言えるだろう。

イオンモバイル

格安SIMから格安SIMへの乗り換え 見直しのポイントその5
大容量プランがある

格安SIMがサービス提供を開始した当初は、通信データ容量が1GB~10GB程度の料金プランしかないところがほとんどでしたが、最近では、20GB~50GBまで、通信データ容量の大きい大容量プランを提供しているところも多数登場しています
スマホのヘビーユーザーの方や、スマホのテザリング機能を使ってパソコンやタブレットを利用することが多く、毎月通信データ容量が足りなくなる…という方は、大容量プランがある格安SIMへの乗り換えがおすすめ。
ただし、大容量プランでも、格安SIMによっては、短期間で大容量のデータ通信を行った場合、一時的に通信速度制限がかかるケースがある点には注意しましょう。

大容量プランで選ぶ!おすすめの格安SIM

recomendエキサイトモバイル

エキサイトモバイル

検索エンジンの提供やポータルサイトの運営、無料のメールサービスをはじめ、幅広いインターネットサービス事業を展開する「エキサイト」が提供する格安SIM。エキサイトモバイルでは、通信データ容量1GBから大容量の50GBまで、幅広い料金プランを用意。格安SIMの複数枚発行にも対応しており、通信データ容量をシェアすることもできる
また、大容量のデータ通信を行った場合でも、3日間の速度制限がなく、快適にインターネットが利用できる点も嬉しい。大容量プランの格安SIMに乗り換える際は、ぜひチェックしておきたい格安SIMの一つ。

エキサイトモバイル

格安SIMから格安SIMへの乗り換え~まとめ~

格安SIMから格安SIMへの乗り換えについて解説した今回の特集はいかがでしたでしょうか。

大手通信キャリアから格安SIMに乗り換えた方でも、さらに別の格安SIMに乗り換えることで、毎月のスマホ料金を節約でき、より快適にスマホを利用できるケースが多々あります。
まずは、現在の格安SIMで不満に感じている点を解消できる別の格安SIMがないかチェックしましょう

また、格安SIMを提供する通信事業者は、他社との差別化を図るため、独自の料金プランやサービスを提供しているところが多数あり、今後も新たな料金プランやサービスが打ち出される可能性があります。
リーズナブルかつ、自分に合った格安SIMを利用する際は、定期的に契約する格安SIMを見直すのも一つの方法

本特集を参考に、格安SIMから格安SIMへ乗り換える際のポイントをチェックし、自分に合った格安SIMを見つけてみてはいかがでしょうか。

SIMってなに?という方はこちら

ネットオフ