格安SIMの契約シェア上位3社の特徴・新サービスから、2016年の動向をチェック

2016年の格安SIM市場の動向 格安SIMの契約シェア上位3社とは?高い人気を誇る格安SIMの特徴や、新たに開始したサービスも

Posted on

格安SIMの回線契約数が657.5万件を突破!人気格安SIMのサービスに見る2016年の市場動向とは?

2016年12月14日、IT市場専門のリサーチ・コンサルティングを行うMM総研は、国内格安SIM(MVNO)の市場に関する調査結果(※2016年9月末時点)を発表しました。

※参考:国内MVNO市場規模の推移(2016年9月末)

この調査結果によると、2016年9月末時点での格安SIMの回線契約数は、657.5万件。2015年9月末の405.8万件から1年間で251.7万件(前年比62.0%増)増加しており、格安SIM市場が拡大していることが分かります。

また、この調査による、格安SIMの契約シェア第1位から第3位までは以下の通り。

2015年9月末のデータと比較すると、上位2社の順位に変動はありませんでしたが、楽天モバイルは、利用者数を大きく伸ばし、5位以下の圏外から3位へと大きく順位を上げる結果となりました。
ちなみに、格安SIMの契約シェア上位3社の特徴と2016年から新たにスタートした主なサービスをまとめると以下のようになります。

1位OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE・画像

  • NTTコミュニケーションズが提供する格安SIM
  • 全国約82,000ヵ所のWi-Fiスポットの本格提供を開始(※2016年7月~)
  • 5分以内のかけ放題オプション「OCNでんわ 5分かけ放題オプション」(月額850円)スタート(※2016年8月~)

2位IIJmio

IIJmio・画像

  • 回線品質に定評あり!3年連続で低価格SIMカード満足度総合第1位を獲得(※2014年~2016年/MMD研究所調べ)
  • 「誰とでも3分 家族と10分(月額600円)」「誰とでも5分 家族と30分(月額830円)」2種類のかけ放題オプションスタート(※2016年9月~)
  • ドコモ回線に加え、au回線にも対応(※2016年10月~)
  • 余った通信データ容量を月額料金から割り引く「エコプラン」スタート(※2016年12月~)

3位楽天モバイル

楽天モバイル・画像

  • 利用開始月の月額料金が無料になる等、お得なキャンペーンが充実。
  • スマホ料金の支払を楽天カードで行うことで、楽天スーパーポイントを貯めることができる。
  • 5分以内の通話がかけ放題になるオプション「5分かけ放題オプション」スタート(※2016年1月~)
  • 通信データ容量が20GB・30GBの大容量プラン提供開始(※2016年12月~)

上記の内容を見ると、かけ放題(通話定額)オプションをはじめ、2016年の1年間で、各格安SIMでは様々な独自サービスの提供を開始しており、多くの人が、格安SIMをより便利・お得に利用できるようになっていることがわかります

ちなみに、MM総研では、格安SIMの今後の契約回線数の傾向について、2017年3月末までに820万件、2018年3月末までに1,170万件に増加すると予測。今後、より多くの人が、格安SIMを利用すると考えられます。
格安SIMの利用を検討する際は、料金面はもちろん、それ以外のサービスにも注目し、自分に合ったプランを選ぶことが大切だと言えるでしょう。