2017年の格安SIMはどうなる?注目の新サービスカウントフリーとは?2017年の市場動向を予測

2017年の格安SIM市場の動向を予測! 注目のサービス「カウントフリー」とは

Posted on

2017年の格安SIM市場の動向を予測!注目のサービス「カウントフリー」とは

2017年最初のSIMプランナーニュースは、2017年の格安SIM市場の動向を予測します。まずは昨年の動向を振り返ってみましょう。

2016年はこれまで安さが最大の魅力だった格安SIMに、通話定額オプションやカウントフリー、大容量プランなど、様々な新サービスが登場。料金プランだけではなく、そのサービスが大きな注目を集めた1年でした。
2015年から大きな成長が続いていた格安SIM市場でしたが、2016年はその流れがさらに加速し、広く一般への普及が進んだ一年だったと言えるでしょう。そして、この勢いは、2017年も止まらず、さらに加速していくと予想されます。

なかでもSIMプランナー編集部注目のサービスは、特定のアプリ・サービス利用時に発生する通信量は通常の通信データ容量のカウントから除外し、無料で利用することができる「カウントフリー」サービスです
このサービスは、2016年9月に格安SIM・格安スマホの通信サービス提供を開始したLINEモバイルが初めて導入。これまでにない格安SIMのサービスということもあり、大きな注目を集め、2017年1月現在、LINEモバイル以外にもいくつかのMVNOが、カウントフリーの仕組みを採用しています。

2017年1月現在、カウントフリーを利用することができる主なMVNOは以下の通り。

LINEモバイル

料金プラン
LINEフリープラン
カウントフリー対象サービス
LINE
料金プラン
コミュニケーションフリープラン
カウントフリー対象サービス
LINE、Twitter、Facebook、Instagram

FREETEL

料金プラン
全プラン
カウントフリー対象サービス
AppStore、LINE、WeChat、WhatsApp、Pokemon GO
料金プラン
定額プラン3GB以上 ※「使った分だけ安心プラン」は除く
カウントフリー対象サービス
AppStore、LINE、WeChat、WhatsApp、Pokemon GO、Twitter、Facebook、Messenger、Instagram

BIGLOBEモバイル

料金プラン
エンタメフリー・オプション
カウントフリー対象サービス
YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV

OCN モバイル ONE

料金プラン
全プラン対象 ※カウントフリー機能
カウントフリー対象サービス
050 plus、マイポケット、モバONEアプリ

DTI SIM

料金プラン
DTI SIMノーカウント
カウントフリー対象サービス
Pokemon GO

b-mobile

料金プラン
ゲームSIM
カウントフリー対象サービス
Pokemon GO

上記の表からもわかるように、カウントフリーの対象となるサービスは、SNS系のアプリを中心に、動画・音楽サービスやゲームアプリまで多岐に渡っています
カウントフリーを活用すれば、毎月のスマホ料金を節約することができるので、特定のアプリやサービスを利用することが多い人は、ぜひチェックしておきたいサービスと言えるでしょう。

近年の格安SIM市場の動向を分析していくと、特定のMVNOが提供を開始したサービスや料金プランがヒットすると、その内容をベースに様々なプランが派生し、市場が拡大していく傾向があります。

この傾向は2017年も変わらず、今後も格安SIM市場が拡大していくことを考えると「カウントフリー」が大きなテーマになることは間違いないでしょう。
SIMプランナー編集部では、LINEモバイルが自社サービス「LINE」をカウントフリーの対象とし、大きな注目を集めたように、自社サービスをカウントフリーの対象とし、顧客獲得を狙うMVNOが多数登場すると予想しています。

MVNO各社が独自のサービスを展開し、大きな盛り上がりを見せる格安SIM市場。
2017年もこの勢いは加速し、今後さらにユーザーがお得に・便利に格安SIM・格安スマホを利用でき、携帯代、スマホ代の節約につながるサービスが登場するはずです。

各社が提供する格安SIMの料金やサービスに注目し、自分に合ったプランを選ぶことで、2017年も毎月のスマホ料金を上手に節約していきましょう。