b-mobileから、ソフトバンクのiPhoneで利用できる格安SIMが登場!

ソフトバンク回線対応の格安SIMを提供開始! b-mobileが提供、ソフトバンクのiPhoneで利用できる「開幕SIM」とは?

Posted on

b-mobile、ソフトバンク回線対応の格安SIMを提供開始!ソフトバンクのiPhoneで利用できる「開幕SIM」とは?

2017年3月22日、日本通信運営のMVNO「b-mobile」が、ソフトバンク回線対応の格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」の提供を開始しました。

「b-mobile S 開幕SIM」の料金プランは、通信データ容量に応じて、「1GB:月額880円」「3GB:月額1,580円」「7GB:月額2,980円」「30GB:4,980円」の4種類を用意。初期費用は3,000円。
その一方で、SMS機能付きSIM・音声通話機能付きSIMが無く、データ通信専用SIMのみ取り扱っている点、テザリングが利用できない点には注意が必要です。
また、「b-mobile S 開幕SIM」の対応機種は、以下の通り。

ソフトバンクのiPhone
iPhone5、5s、5c、6、6Plus、6s、6s Plus、SE、7、7Plus
ソフトバンクのiPad
iPad、iPad 2、iPad 3、iPad 4、iPad Airシリーズ(1~2)、iPad miniシリーズ(1~4)、iPad pro
※ただし、セルラー+Wifiモデルのみ対応

つまり、「b-mobile S 開幕SIM」を利用すれば、上記の機種(ソフトバンクのiPhone、iPad)で、SIMロックを解除する必要なく、格安SIMが利用可能に
これまで、iPhone6より前のソフトバンクのiPhoneでは、SIMロックの解除ができず、格安SIMを利用することができませんでした。そのため、SIMロックの解除ができないiPhoneを使っていた人や、SIMロックの解除をせずにソフトバンクのiPhoneで格安SIMを利用したいと考えている人にとって、ソフトバンク回線対応の格安SIMは、嬉しいサービスと言えるでしょう。

また、ソフトバンク回線に対応した格安SIMは、U-NEXTが運営する「U-mobile」でも「U-mobile S」という形で2017年3月22日から提供を開始しています
ちなみに、この「U-mobile S」は、上記でご紹介した「b-mobile 開幕SIM」を提供する日本通信の回線を借り受けたサービス。そのため、「U-mobile S」が提供する格安SIMは、「b-mobile 開幕SIM」と同様、通信データ容量に応じて、「1GB:月額880円」「3GB:月額1,580円」「7GB:月額2,980円」「30GB:4,980円」の4種類を用意しています。また月額料金や、データ通信専用SIMのみの取り扱いとなっている点も「b-mobile 開幕SIM」と同様。
ただし、「U-mobile S」の場合、初期費用が、登録事務手数料3,000円に加え、SIM発行手数料として384円が発生するため、「b-mobile 開幕SIM」と比較し、初期費用が384円高くなっている点には注意が必要です。

今回、新たにサービス提供を開始したソフトバンク回線対応の格安SIM。現時点では、データ通信専用SIMのみの扱いとなっていますが、今後、SMS機能付きSIMや音声通話機能付きSIMも登場すると考えられます。また、ソフトバンク回線に対応した格安SIMを取り扱うMVNOが今後増える可能性も。

現在、ソフトバンクのiPhoneを利用している人は、ソフトバンク回線に対応した格安SIMを活用し、毎月のスマホ料金を上手に節約しましょう。

SIMってなに?という方はこちら