mineoが提供を開始した大容量プランとは?

mineoが大容量プランの提供を開始! 通信データ容量「20GB」「30GB」のプランの料金や特徴は?

Posted on

mineoが通信データ容量「20GB」「30GB」の大容量プランを提供開始!プラン料金や特徴は?

2017年6月1日から、mineoは高速通信を行うことができる毎月の通信データ容量が「20GB」「30GB」と大きい大容量プランの提供を開始しました
mineoが新たに提供を開始した通信データ容量「20GB」「30GB」の大容量プランは、他のmineoが提供する料金プランと同様、ドコモ回線に対応した「ドコモプラン(Dプラン)」とau回線に対応した「auプラン(Aプラン)」があり、料金は以下の通りです。

mineo大容量プラン 料金一覧

ドコモプラン(Dプラン)

20GB 30GB
データ通信専用SIM
(シングルタイプ)
3,980円 5,900円
SMS機能付きSIM 4,100円 6,020円
音声通話機能付きSIM
(デュアルタイプ)
4,680円 6,600円

auプラン(Aプラン)

20GB 30GB
データ通信専用SIM
(シングルタイプ)
3,980円 5,900円
SMS機能付きSIM 3,980円 5,900円
音声通話機能付きSIM
(デュアルタイプ)
4,590円 6,510円

通信データ容量の大きい大容量プランは、mineo以外にも、イオンモバイル楽天モバイル等、いくつかのMVNOが提供。
例えば、音声通話機能付きSIMの大容量プランの月額料金をmineoとイオンモバイル、楽天モバイルの3社で比較すると以下のようになります。

音声通話機能付きSIM 大容量プラン料金比較

20GB 30GB
mineo
ドコモプラン:デュアルタイプ
4,680円 6,600円
mineo
auプラン:デュアルタイプ
4,590円 6,510円
イオンモバイル(音声プラン) 4,680円 6,080円
楽天モバイル 4,750円 6,150円

上記の表からもわかるように、mineoの大容量プランは、通信データ容量が「30GB」の場合、他社と比較し、やや高めの料金設定になっていますが、「20GB」の場合は、リーズナブルな価格を実現。特に、通信データ容量20GBのmineo:auプランは4,590円と最安価格となっています。通信データ容量20GBのプランを利用する際、mineoは有力な選択肢の一つと言えるでしょう。

ちなみに、mineoの大容量プランは、他のmineoのプランと同様、1契約につきSIMカード1枚を発行。追加のSIMカード発行には対応していないため、その月の通信データ容量を複数枚のSIMカードで利用することには対応していません。
しかし、それに代わる手段として、当月使用せず余った通信データ容量を家族や友人、全国のmineoユーザーとシェアできるパケットサービス(※フリータンク、パケットギフト、パケットシェア)を提供してるので、mineoで大容量プランを利用する際は、こうしたパケットサービスにも注目し、上手く活用すると良いでしょう。

また、mineoは、上記でご紹介した通信データ容量の大きな大容量プランの提供開始以外にも、2017年6月1日から、以下のサービスの提供を開始。

5GBコース→6GBコースへ
  • 通信データ容量「5GB」のコースを、月額料金はそのままで通信データ容量を「6GB」に増量
MVNO初となる独自の長期利用者特典「ファン∞とく」をスタート
〈「ファン∞とく」の主な特典〉
  • mineoの利用年数に応じて、契約事務手数料が無料になる「エントリーコード」の配布
  • mineoのコミュニティサイト「マイネ王」内で使え、お得なサービスを受けることができる「王国コイン」の配布
  • 利用期間や購入端末に応じて、端末購入時のギフト券金額が増額(※2017年9月1日から) など

さらに、mineoでは、格安SIM・格安スマホの通信サービス提供開始から3年を記念し、2017年7月18日までの期間限定で、mineoのデュアルタイプ(音声通話機能付きSIM)への新規申し込みで、もれなく月額基本料金が3ヵ月間800円割引になる「3周年記念!800円3ヵ月割引キャンペーン」を実施しています

MMD研究所が実施した「格安SIM満足度調査(2017年3月)」においても、顧客総合満足度第1位を獲得し、数あるMVNOの中でも利用者からの高い満足度を誇るmineo。
大容量プランの利用を検討されている方はもちろん、ユニークなサービスが充実し、お得に格安SIMを利用したい人にとっても、mineoはおすすめのMVNOと言えるでしょう。

SIMってなに?という方はこちら