TONE(トーンモバイル)が発表したiPhoneで見守り機能が利用できる格安SIMとは?

TONEの見守り機能がiPhoneでも利用可能に 2018年4月よりiPhoneでの見守り機能に対応した格安SIM「TONE SIM(for iPhone)」を提供開始

Posted on

TONE(トーンモバイル)、iPhoneで見守り機能が利用できる格安SIMを発表

2018年2月20日、「TSUTAYAのスマホ」として知られるTONE(トーンモバイル)が、iPhoneで見守り機能が利用できる新サービス「TONE SIM(for iPhone)」を発表しました。
本サービスは、2018年2月20日からオンラインにて事前受け付けを開始。2018年4月上旬に販売を開始する予定です。

この「TONE SIM(for iPhone)」は、現在持っているiPhoneに格安SIM「TONE SIM(for iPhone)」を入れるだけで、「TONEファミリー」が利用できるというもの。
「TONEファミリー」とは、2017年にTONEと、小学生の子供を持つママ層に人気の雑誌「VERY」が共同開発した見守り機能のこと。安心して子供にスマホを持たせることができる機能として注目を集め、2017年グッドデザイン賞を受賞している他、子ども会推奨商品にも指定されています。
「TONEファミリー」では、主に以下の見守り機能を利用することが可能。

「TONEファミリー」の主な見守り機能

スマホ・アプリの利用制限

「1日6時間まで」「8時から20時」まで等、スマホの利用時間を30分単位で設定可能。
また、アプリはダウンロードの際、親の許可が必要になる他、アプリごとに利用できる時間を設定することもできる。

あんしんインターネット設定

子供が安全かつ安心にインターネットを利用できるよう、アダルトサイト、出会い系サイト、暴力や違法情報を掲載する有害サイトへのアクセスをブロックする機能。

居場所確認

親のスマホやパソコンから子供の居場所を確認することができる。学校や塾など、特定の場所でスマホの利用を制限する「ジオロック」機能や、学校や塾など、よく行く場所に子供が出入りした際、親のスマホに自動で通知が届く「ジオフェンス」機能も用意。

行動サマリーレポート

1日の子供の移動経路や、スマホ・アプリの利用状況をレポートで確認できる。

※TONEファミリーの見守り機能は、子供の成長に合わせて、段階的に設定を変えることが可能。

「TONE SIM(for iPhone)」の月額基本料金は1,500円。さらに、月額500円で「IP電話かけ放題オプション」、月額950円で「090音声オプション(※MNPも可)」、月額750円で「090電話かけ放題オプション」等のオプションを付帯することも可能です。
また、「TONE SIM(for iPhone)」の対応端末は、iPhone 5s/5c(iOS10)以降のSIMフリー版またはドコモ版のiPhone。au版・ソフトバンク版のiPhoneで「TONE SIM(for iPhone)」を利用する場合、iPhoneのSIMロック解除が必要になる点は注意しましょう。(※ただし、SIMロック解除に対応しているのは、iPhone6s以降のiPhone端末のみ)

これまで、TONEファミリーが利用できるのは、TONEで購入したスマホ端末のみに限定されていましたが、今回、「TONE SIM(for iPhone)」を提供することで、iPhoneでもTONEファミリーの利用が可能に。
見守り機能が充実しており、安心して子供にiPhoneを持たせられることに加え、キャリアのiPhoneを利用した場合と比較し、リーズナブルな月額料金で利用できる点は、「TONE SIM(for iPhone)」を利用する大きなメリットと言えるでしょう

さらに、「TONE SIM(for iPhone)」を利用すれば、例えば、これまで親が使っていた古いiPhoneを子供に持たせるスマホとして使うことができ、端末代の節約にもつながります。

4月から始まる新学期に向け、子供に持たせるスマホの検討・見直しをする家庭も少なくないはずです。「スマホの機種はiPhoneがいい」という子も多く、子供に持たせるスマホ端末にiPhoneを考えている方は、「TONE SIM(for iPhone)」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

SIMってなに?という方はこちら