mineoが提供を開始したソフトバンク回線対応の格安SIMとは?

mineoの格安SIMがソフトバンク回線に対応! 料金プランや特徴は?

Posted on

mineoがソフトバンク回線対応の格安SIMを提供開始!料金プランや特徴は?

mineo(マイネオ)が2018年9月4日(9:00~)から、ソフトバンク回線に対応した格安SIMの提供を開始すると発表しました。

mineoが提供を開始するソフトバンク回線を用いた格安SIM「ソフトバンクプラン(Sプラン)」の料金プランは、これまでにmineoが提供しているau回線対応の格安SIM「auプラン(Aプラン)」、ドコモ回線対応の格安SIM「ドコモプラン(Dプラン)」と比較するとやや高く(※1)、以下のようになっています。
※1:シングルタイプ(データ通信専用SIM)の場合、auプラン・ドコモプランと比較して、90円プラス。デュアルタイプ(音声通話機能付きSIM)の場合、auプランと比較して350円プラス、ドコモプランと比較して260円プラス。

mineo 「ソフトバンクプラン(Sプラン)」料金プラン(月額)

シングルプラン
(データ通信専用SIM)
※税抜価格
  • ■500MB:月額790円
  • ■3GB:月額990円
  • ■6GB:月額1,670円
  • ■10GB:月額2,610円
  • ■20GB:月額4,070円
  • ■30GB:月額5,990円
デュアルプラン
(データ通信+音声通話:音声通話機能付きSIM)
※税抜価格
  • ■500MB:月額1,750円
  • ■3GB:月額1,950円
  • ■6GB:月額2,630円
  • ■10GB:月額3,570円
  • ■20GB:月額5,030円
  • ■30GB:月額6,950円

※別途、事務手数料3,000円、SIMカード発行料337円が必要

また、従来のauプラン・ドコモプランで選択できていた通信データ容量「1GB」のプランは、ソフトバンクプランでは用意がなく、auプラン・ドコモプランの「1GB」プランについても2018年9月3日をもって、新規申し込みおよび、コース変更の受け付けを終了する予定です。
ちなみに、ソフトバンクプランのSIMカードのSMS機能については、シングルタイプの場合、月額180円(税抜)、デュアルタイプの場合は無料で利用可能となっています。

mineoの「ソフトバンクプラン(Sプラン)」のメリットは、iPhone 5以降のソフトバンク版iPhoneを一部の端末を除き、SIMロックの解除不要で利用できる点。(※iPhone 6s/6s Plus、iPhone SE、iPhone 7/7 Plusに関しては、SIMロック解除が必要)
ちなみに、mineoが提供する「ソフトバンクプラン」を利用できる端末は、iOSではiPhone5以降のiPhone端末と、iPad全機種。Androidでは、2017年8月以降にソフトバンクで発売されたスマホ端末と、SIMフリー端末(※SIMロック解除端末含む)全機種となっています。

ソフトバンク回線対応の格安SIMサービス提供開始により、これまで使っていたスマホ端末を利用して、「格安SIMに乗り換え、毎月のスマホ料金を節約したい」、「キャリアで以前購入したの古い端末に格安SIMを挿して子どもが使えるようにしたい」といったソフトバンクユーザーの需要に応えたmineo。
ソフトバンクユーザーの中でも、特にスマホ端末にiPhoneを使っており、SIMカードを差し替えて格安SIMを利用したいと考えている方にとって、mineoのソフトバンク回線対応格安SIM「ソフトバンクプラン(Sプラン)」は有力な選択肢の一つといえるでしょう。

ソフトバンクプランスタートを記念し、mineoでは、「祝トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン」を実施

またmineoでは、2018年11月6日までの期間限定で、ソフトバンク回線対応の格安SIM「ソフトバンクプラン(Sプラン)」提供開始を記念して、新規申し込みキャンペーン「祝トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン」を実施しています。
本キャンペーンは、キャンペーン期間中、mineoの「デュアルタイプ(音声通話機能付きSIM):auプラン、ドコモプラン、ソフトバンクプランのいずれか」に新規申し込みすると、利用開始翌月から6ヵ月間、月額基本料金が最大1,417円(※ソフトバンクプランの場合。auプランでは997円/月、ドコモプランでは1,067円/月 割引が適用)割引になるというもの。
ちなみに、通信データ容量500MBの場合、auプラン・ドコモプラン・ソフトバンクプラン、いずれの回線のプランを利用した場合でも、キャンペーン割引が適用されると、利用開始翌月から6ヵ月間の月額基本料金が333円とリーズナブルな料金で利用することが可能です。

音声通話機能付きSIMの「デュアルタイプ」のみキャンペーン対象となっている点には注意が必要ですが、ソフトバンクユーザーはもちろん、auやドコモユーザーでも、格安SIMへの乗り換えを検討している方は、ぜひチェックしておきたいキャンペーンと言えるでしょう。

加えて、mineoでは、ソフトバンク回線スタートを記念し、「ソフトバンク回線プランスタート記念!先行予約キャンペーン」も実施しています。

本キャンペーンは、2018年8月31日17時までの先行予約受付期間に、キャンペーンページを経由して、ソフトバンクプラン(Sプラン)のデュアルタイプ(※音声通話機能付きSIM)に予約受付を行い、2018年9月4日~2018年11月6日の期間内に新規申し込みすると、利用開始翌月から6ヵ月間、月額基本料金が333円割引になるというもの。

ちなみに、この「ソフトバンク回線プランスタート記念!先行予約キャンペーン」は、上記の「祝トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン」と併用でき、ソフトバンクプランで通信データ容量500MBを選択した場合、利用開始翌月から6カ月間、月額基本料金0円で利用できる点も嬉しいポイントといえるでしょう。

mineoでは、2018年9月からソフトバンク回線対応の格安SIMサービス提供を開始することで、格安SIM・格安スマホの通信サービスを提供する通信事業者(MVNO)として初めて、ドコモ、au、ソフトバンク、3大キャリア全ての回線が利用できるようになります。

また、従来はドコモ回線の端末にしか対応していなかったテザリングがソフトバンク回線・au回線にも対応。(※ソフトバンク回線は2018年9月4日から、au回線は2018年10月末からそれぞれテザリングが無料で利用可能)

さらに、2018年8月8日からは、動画配信サービス「Hulu」(月額933円)や電子書籍サービス「Renta!」(月額280円~)といったエンタメ系コンテンツのオプションを追加する等、ユーザーの満足度や利便性の向上を目指し、様々なサービスを拡充している点もチェックしておきたいポイントです。

格安SIM・格安スマホに乗り換え、毎月のスマホ料金を節約したいと考えているソフトバンクユーザーの方はもちろん、auやドコモユーザーの方も、mineoの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

SIMってなに?という方はこちら