nuroモバイルが料金プランを変更

nuroモバイルが料金プランを変更! 2018年10月から変更された新しい料金プランの特徴は?

Posted on

nuroモバイルが2018年10月から料金プランを変更!新しい料金プランの特徴は?

ソニーグループの大手通信プロバイダ「So-net」が提供する格安SIM・格安スマホの通信サービス「nuroモバイル(ニューロモバイル)」が、2018年10月1日から、料金プランを変更しました。
今回のSIMプランナーニュースでは、nuroモバイルの新しい料金プランに注目し、特徴や、メリット・デメリットについてわかりやすく解説します。

nuroモバイル 新料金プランの概要

nuroモバイルでは、ドコモ回線・ソフトバンク回線に対応したサービスを提供しています。
はじめに、今回、料金プランがどのように変更したのか、「ドコモ回線」「ソフトバンク回線」それぞれで見ていきましょう。

ドコモ回線

nuroモバイルのドコモ回線は、これまで通信データ容量に応じて、2GBから10GBまで、1GB刻みの9種類の料金プランを提供していましたが、今回の料金プランの変更で、通信データ容量0.2GBの「お試しプラン」、2GBの「Sプラン」、7GBの「Mプラン」、13GBの「Lプラン」の4つに集約されました。
新しい料金プランの月額料金は以下の通り。

「nuroモバイル」ドコモ回線 新プラン料金
プラン名【容量】 データ通信専用SIM SMS機能付きSIM 音声通話機能付きSIM
お試しプラン
【0.2GB】
300円 450円 1,000円
Sプラン
【2GB】
700円 850円 1,400円
Mプラン
【7GB】
1,500円 1,650円 2,200円
Lプラン
【13GB】
2,700円 2,850円 3,400円

ソフトバンク回線

nuroモバイルのソフトバンク回線は、これまで、通信データ容量「2GB」か「5GB」の2プランのみでしたが、新料金プランではドコモ回線と同様に通信データ容量「0.2GB(お試しプラン)」「2GB(Sプラン)」「7GB(Mプラン)」「13GB(Lプラン)」4プランを提供
月額料金は以下の通りです。

「nuroモバイル」ソフトバンク回線 新プラン料金
プラン名【容量】 データ通信専用SIM SMS機能付きSIM 音声通話機能付きSIM
お試しプラン
【0.2GB】
500円 1,200円
Sプラン
【2GB】
980円 1,680円
Mプラン
【7GB】
2,300円 3,000円
Lプラン
【13GB】
2,980円 3,680円

上記の表からもわかるように、ドコモ回線とソフトバンク回線を比較すると、ドコモ回線の方が、安く設定されています。
また、ソフトバンク回線の場合、SMS機能付きSIMの取り扱いがない点にも注意が必要。

さらに、料金プラン分の通信データ容量を使い切ってしまった場合の、容量チャージの料金・プランも以下のように変更しています。

〈変更前〉

  • 100MB:400円
  • 500MG:600円
  • 1GB:1,000円

〈変更後〉

  • 1GB(ドコモ回線):600円
  • 1GB(ソフトバンク回線):900円

変更前の容量チャージの料金は、「1GB:1,000円」となっていたため、変更前と比較し、ドコモ回線は400円、ソフトバンク回線は100円安い料金で容量チャージできる点は、チェックしておきたいポイントといえるでしょう。

nuroモバイル 新料金プランのメリット・デメリット

次に、nuroモバイルの料金プラン変更のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

nuroモバイル 新料金プランのメリット

nuroモバイル 新料金プランのメリット①:通信データ容量が最大13GBに
従来の料金プランの場合、通信データ容量の最大は10GBでしたが、「もう少し容量が欲しい」というニーズに応え、新料金プランでは通信データ容量は最大13GB(※Lプラン)に
スマホで動画を見ることが多い人や、ゲームをすることが多い人におすすめのプランとなっています。
nuroモバイル 新料金プランのメリット②:0.2GBの「お試しプラン」が登場
nuroモバイルの新料金プランでは、試しにMVNOサービス(格安SIM)を使ってみたいという人向けに、通信データ容量0.2GBの「お試しプラン」を提供。データ通信専用SIMの場合、月額300円とリーズナブルな料金で利用することが可能です。格安SIMの通信速度や使い勝手を試した上で、本格的な利用を検討したい人におすすめのプランといえるでしょう。
ちなみに、お試しプランの場合、音声通話機能付きSIMを選択した場合でも最低利用期間(12カ月)が設定されていないため、いつ解約しても解約金は発生しません。
また、お試しプランから、Sプラン、Mプラン、Lプランへの乗り換えにも対応しており、乗り換えた場合、利用期間が引き継がれる点もチェックしておきたいポイントです。
※ただし、お試しプランの場合、パケット繰り越しや、パケットギフト、データ前借りには対応していない点には注意が必要。

nuroモバイル 新料金プランのデメリット

nuroモバイル 新料金プランのデメリット:従来のユニークな料金プランは終了
料金プランの変更に伴い、これまでnuroモバイルにて提供していた、5時間使い放題の「5時間プラン」や、午前1時~6時の5時間、高速通信を無制限で使うことができる「深夜割プラン」は、2018年10月1日をもって新規受付を終了しました
利用時間・利用時間帯に応じた料金プランを提供している通信事業者は少ないため、nuroモバイルならではの他社にはないユニークな料金プランが終了してしまった点は、料金プラン変更のデメリットといえるでしょう。

上記でご紹介したように、nuroモバイルの新しい料金プランは、4つに集約され、シンプルでわかりやすい料金設定となっています。

また、nuroモバイルでは、料金プランの変更に加え、シャープ「AQUOS sense plus」、Huawei「P20 lite」、ASUS「ZenFone 4 Max」「ZenFone 5Q」「ZenFone 5」等、人気端末の取り扱いを開始。幅広いラインナップの中から、自分に合った端末を選ぶことが可能です。
さらに、nuroモバイルでは、SIMフリーのXperia「Xperia XZ Premium」も取り扱っており、ハイスペックなスマホを、67,800円とリーズナブルな料金で購入できる点もチェックしておきたいポイントでしょう。

さらに、nuroモバイルでは、2018年10月31日までの期間限定で、Mプラン(7GB)またはLプラン(13GB)(※いずれも音声通話機能付きSIM)への申し込むと、利用開始月翌月から11ヵ月間、月額基本料金が毎月1,000円割引になるキャンペーンを実施中。通常時と比較し、よりリーズナブルな料金で格安SIM・格安スマホを利用することが可能です。

シンプルな料金プランの格安SIMを利用したい方や、Xperiaシリーズのハイスペックなスマホをリーズナブルに使いたいという方は、この機会にnuroモバイルの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

SIMってなに?という方はこちら