初心者向けに格安SIMの選び方を解説

〈初心者向け〉格安SIM選び 5つのポイント 初心者向けに格安SIMの選び方を解説

Posted on

〈初心者向け〉格安SIMの選び方 5つのポイント

新生活や新元号のスタートに合わせ、通信費(※特にスマホ料金)の見直しを行い、大手通信キャリアから格安SIMへの乗り換えを検討されている方も多いのではないでしょうか?
格安SIMを利用すれば、大手通信キャリアのスマホを利用した場合と比較し、毎月のスマホ料金を大きく節約することが可能です。
とは言うものの、スマホや通信関連のことにあまり詳しくない初心者の方の中には、格安SIMを利用する際、「事前に何を知っておくとよいのか?」「何をどう選べばよいのか?」がわからない方も多いはず。
そこで今回のSIMプランナーニュースでは、これから初めて格安SIMを利用しようと考えている格安SIM初心者の方向けに、格安SIMを選ぶ際に知っておきたい5つのポイントをわかりやすくご紹介します。

Memo格安SIMと格安スマホは何が違う?

格安SIMについて調べていると、「格安スマホ」という言葉を目にすることも多いのではないでしょうか?格安SIMと格安スマホには、以下のような違いがあります。

格安SIM
スマホ端末にセットする「SIMカード」のこと。現在使っているスマホを引き続き使用する場合は格安SIMを購入する。
格安スマホ
格安SIM(SIMカード)とスマホ端末がセットになったもの。格安SIMへの乗り換えと同時に、スマホ端末も新しく購入したい場合は、格安スマホ(端末セット)を購入するのがおすすめ。
※ただし、最近は「格安スマホ」と言うものの、端末料金が「格安」ではない商品も多数登場している。

〈初心者向け〉格安SIMの選び方 5つのポイント

格安SIMの選び方 ポイントその1:SIMカードの種類

一口に「SIMカード」と言っても、その種類は様々です。格安SIMを利用する際は、「①SIMカードのサイズ」「②SIMカードの機能」の2つの点から自分に合ったものを選びましょう。

1SIMカードのサイズ

SIMカードには、「標準SIM」「micro SIM」「nano SIM」の3サイズがあり、利用できるサイズがスマホ端末によって異なります
自分の利用する端末がどのサイズのSIMカードに対応しているのか、事前に確認しておきましょう。

〈SIMカードのサイズ比較〉

  • 標準SIM:25mm×15mm
  • micro SIM:15mm×12mm
  • nano SIM:12.3mm×8.8mm

2SIMカードの機能

SIMカードは利用できる機能によって、「データ通信専用SIM」「SMS機能付きSIM」「音声通話機能付きSIM」の3種類に分けられます。格安SIMを利用する際は、この3種類の中から自分に合ったものを選びましょう。
※ちなみに、大手通信キャリアで利用しているのは、音声通話機能付きSIMです。

〈SIMカードの機能比較〉

  • データ通信専用SIM
    インターネット通信のみが行えるSIMカード。
  • SMS機能付きSIM
    SMS機能(ショートメッセージサービス機能)が付いたSIMカード。
  • 音声通話機能付きSIM
    090や080から始まる電話番号を持ち、通話ができるSIMカード。

格安SIMの選び方 ポイントその2:通信回線

格安SIMを利用する際は、通信回線もチェックしておくことが大切です。
格安SIMを提供する通信事業者は、大手通信キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から回線を借り受け、通信サービスを提供しています。格安SIMの料金プラン等で見かける「ドコモ回線対応」「au回線対応」といった表記は、借り受けている回線のこと。

格安SIMを利用する際は、一般的に、スマホ端末と同じ回線に対応した格安SIMを選ぶのがおすすめです。(例:ドコモで購入したスマホ端末 … ドコモ回線対応の格安SIMを利用する)
その理由は、大手通信キャリアが販売するスマホには「SIMロック(※特定のSIMカードを挿入した場合のみ通信できるよう、端末の通信機能を制限すること))」がかかっているため。
一部、端末によって例外もありますが、スマホ端末と格安SIMが同じ回線に対応していれば、端末のSIMロックを解除しなくても、格安SIMを利用することが可能です
(※ちなみに、スマホ端末と格安SIMの回線が異なる場合でも、スマホ端末のSIMロックを解除すれば、利用可能)

また、格安SIMを提供する通信事業者によって、回線品質や通信速度、速度制限等が異なるため、これらの点についてもしっかりチェックしておくと安心です。

格安SIMの選び方 ポイントその3:料金プラン

格安SIMの料金プランは大手通信キャリアと比較するとシンプル。「SIMカードの機能(データ通信専用SIM、SMS機能付きSIM、音声通話機能付きSIM)」と、高速データ通信が行える「通信データ容量」から自分に合った料金プランを選びましょう

ちなみに個人差はありますが、あまりスマホを利用しない場合は「500MG~3GB程度」、スマホでの動画視聴やゲーム利用が多い場合は、「5GB~10GB程度」、スマホのヘビーユーザー、家族や複数枚のSIMカードで通信量のシェアをする場合は「10GB以上」の通信データ容量のプランを選ぶのがおすすめです。

格安SIMの選び方 ポイントその4:最低利用期間

大手通信キャリアとは異なり、格安SIMの場合、「2年縛り」がありません。ただし、SIMカードの種類によっては最低利用期間が決まっているケースがあり、最低利用期間内に解約する場合、違約金が発生します。
格安SIMを利用する場合は、最低利用期間についてもしっかり確認しておきましょう。

〈格安SIMの主な最低利用期間〉

  • データ通信専用SIM … 最低利用期間なし
  • SMS機能付きSIM … 最低利用期間なし
  • 音声通話機能付きSIM … 最低利用期間1年間

※最低利用期間は、格安SIMを提供する通信事業者によって異なります。

格安SIMの選び方 ポイントその5:オプション

格安SIMでは、1回5分または10分以内の国内通話かけ放題(月額800円前後)や、スマホの端末補償(月額500円前後)等のオプションを用意しており、必要に応じて付帯することが可能です
また、数ある格安SIMの中には、動画や音楽、SNS等、特定のサービス利用時に発生する通信量が通常の通信データ容量に含まれず、使い放題になる「カウントフリー(エンタメフリー)」をオプションで用意しているところも。

あわせてチェック

利用できるオプションは格安SIMによって異なるため、事前に内容を確認し、自分に必要なオプションに加入するのがおすすめです。

一口に「格安SIM」といっても、その種類や料金プランは様々。格安SIMを利用する際は、自分に合った通信事業者や料金プランを選ぶことが大切です
格安SIMへの乗り換えを検討している方は、上記でご紹介した格安SIMを選ぶ際のポイントを参考に、自分に合った格安SIMを見つけ、毎月のスマホ料金を賢く節約しましょう!

SIMプランナー編集部厳選!初心者におすすめの格安SIM 3選

recomendmineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

回線 ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線
主な料金プラン 〈音声通話機能付きSIM(デュアルタイプ)〉※auプラン
  • 500MB:1,310円
  • 3GB:1,510円
  • 6GB:2,190円
おすすめポイント
  • オリコンが実施する「オリコン顧客満足度調査 格安スマホ(2018年)」、MMD研究所が実施する「格安SIM利用動向調査 iPhone利用者シェア(2018年)」において、それぞれ第1位を獲得する等、利用者からの高い評価を獲得している格安SIM
  • ドコモ、au、ソフトバンクの全回線に対応
  • 余った通信データ容量のシェアや長期利用者特典等、他社にはない独自サービスが魅力

mineo(マイネオ)へ行く

recomendLINEモバイル

LINEモバイル

対応回線 ドコモ回線、ソフトバンク回線
主な料金プラン 〈音声通話機能付きSIM〉※コミュニケーションフリー
  • 3GB:1,690円
  • 5GB:2,220円
おすすめポイント
  • コミュニケーションアプリでおなじみの「LINE」が提供する格安SIM
  • 「LINE」をはじめ、特定のサービス利用時に発生する通信量が通常の通信データ容量に含まれない「データフリー(カウントフリー)」を基本の料金プランに導入
  • 毎月、月額基本料金分の1%分のLINEポイントを付与。貯めたポイントは、スタンプ購入をはじま、LINEアプリ内のサービスに利用可能

LINEモバイルへ行く

recomendイオンモバイル

イオンモバイル

対応回線 ドコモ回線、au回線
主な料金プラン

〈音声通話機能付きSIM(音声プラン)〉 

  • 音声500MBプラン:1,130円
  • 音声1GBプラン:1,280円
  • 音声2GBプラン:1,380円
  • 音声4GBプラン:1,580円
  • 音声6GBプラン:1,980円
おすすめポイント
  • イオングループの「イオンリテール」が提供する格安SIM
  • データ通信専用SIM、SMS機能付きSIMはもちろん、音声通話機能付きSIMも最低利用期間なし。利用期間に関わらず、解約金不要
  • 新規契約や料金プランの変更、故障修理、解約等の手続きがWebに加え、全国のイオン店舗でも可能

イオンモバイルへ行く

SIMってなに?という方はこちら