ドコモの新料金プラン「ギガホ/ギガライト」とは?格安SIMとの料金比較も

「ギガホ/ギガライト」VS格安SIM ドコモの新料金プランと格安SIM、お得なのはどっち?

Posted on

ドコモの新料金プラン「ギガホ/ギガライト」VS格安SIM お得なのはどっち?

2019年6月1日からNTTドコモ(以下、ドコモ)は新料金プラン「ギガホ/ギガライト」の提供を開始しました。
この新料金プランは、通信費と端末代を別々にした「分離プラン」と呼ばれる料金プランで、「従来の料金プランよりシンプル」、「毎月のスマホ料が従来のプランと比較して、4割程度節約できる」・・・と注目を集めていましたが、いざプランが発表・スタートすると、「そんなに安くならない」、「結局わかりにくい」といった声も。

そこで、今回のSIMプランナーのニュースでは、ドコモの新料金プラン「ギガホ/ギガライト」に注目。プランの特徴や、料金体系等について、わかりやすくご紹介します。
さらに、ドコモの新料金プランと格安SIMを比較し、どちらがお得なのかについても検証します。

ドコモの新料金プラン「ギガホ/ギガライト」とは?

ドコモの新料金プラン(※基本料金プラン)「ギガホ/ギガライト」は、「家族間国内通話無料+データ通信(通信データ容量)+インターネット接続サービス」がセットになったもの
「ギガホ」と「ギガライト」の違いは、1ヵ月間の通信データ容量。ギガホが通信データ容量30GBの大容量プランであるのに対し、ギガライトは通信データ容量最大7GBの段階制の料金プランとなっています。

ちなみに、音声通話のかけ放題(※家族間国内通話以外)はオプション。利用する場合は、基本料金にオプション月額をプラスする形になります。
(※音声通話かけ放題を利用しない場合は、音声通話を利用するごとに20円/30秒の通話料金が発生)

「ギガホ/ギガライト」(※基本料金プラン)と音声通話かけ放題オプションの料金は以下の通り。

基本料金プラン:ギガホ/ギガライト
ギガホ (大容量プラン) ギガライト (段階制の料金プラン)
月額料金 30GB:月額6,980円
※30GBを超過した場合でも送受信時の通信速度は最大1Mbps
~1GB:月額2,980円
~3GB:月額3,980円
~5GB:月額4,980円
~7GB:月額5,980円
※7GBを超過した場合の通信速度は最大128kbps
通話 ※オプション
5分無料通話オプション
(5分以内の音声通話かけ放題)
かけ放題オプション
(時間無制限の音声通話かけ放題)
月額料金 月額700円 月額1,700円

また、ドコモでは以下の割引・特典を用意しており、条件を満たしていれば、割引等が適用される点もチェックしておきたいポイントといえるでしょう。

主な割引・特典
みんなドコモ割 ・1回線:割引なし
・2回線:-500円/月
・3回線以上:-1,000円/月
※同一「ファミリー割引」グループ内の対象回線数に応じて割引が適用される。
ドコモ光セット割 ・-1,000円/月
※「ドコモ光」とのセット利用で、「ファミリー割引」グループ内の「ギガホ」「ギガライト」を契約している各回線の月額料金から1,000円/月割引
はじめてスマホ割 ・-1,000円/月 ×12ヵ月
※ケータイからスマホに初めて移行する場合に適用される。
ギガホ割 2019年9月30日までに「ギガホ」に加入すると、最大6ヵ月間、月額1,000円割引
※毎月5GB以上利用する場合におすすめ
ずっとドコモ特典 dポイントクラブのステージに応じて、毎月の誕生月に最大3,000ポイントのdポイントを進呈

以上の内容を踏まえると、ドコモの新料金プランは、

「基本料金プラン + 通話(※オプション)+ 端末代 (+割引)」

で割り出すことが可能です。
通信量と端末代金が分離することで、複雑な端末割引サポート等がなくなったため、以前の料金プランと比較すると、新料金プランはシンプルでわかりやすいものになったといえるでしょう。

ドコモの新料金プラン「ギガホ/ギガライト」と格安SIMを比較

それでは、ドコモの新料金プラン「ギガホ/ギガライト」と格安SIMの料金を比較すると、どのくらいの差が出るのでしょうか?
ここでは、ドコモと格安SIM(mineo ※ドコモ回線)を利用した場合の料金を比較していきます。

Memomineo(マイネオ)とは?

mineo(マイネオ)

家庭用の光回線「eo光」で有名な関西のプロバイダ「オプテージ(旧ケイ・オプティコム)」が提供する格安SIMの通信事業者。
オリコンが実施する「オリコン顧客満足度調査 格安スマホ(2018年)」において総合第1位、MMD研究所が実施する「格安SIM利用動向調査 iPhone利用者シェア(2018年)」において2年連続第1位を獲得する等、数ある格安SIMの中でも、高い人気・満足度を誇っている
ドコモ、au、ソフトバンクと大手通信キャリア全ての回線に対応した料金プランを提供。余った通信データ容量を家族や友人、全国のmineoユーザーでシェアできる「パケットギフト」「フリータンク」等、他社にはない独自サービスが魅力。

通信データ容量3GBの場合
ドコモ(ギガライト:~3GB) mineo(デュアルタイプ:3GB)
※音声通話機能付きSIM
基本料金 月額3,980円
※家族間無料通話付帯
月額1,600円
音声通話かけ放題
※オプション
月額700円
※5分以内の国内通話かけ放題
月額850円
※10分以内の国内通話かけ放題
月額料金合計 月額4,680円 月額2,450円

通信データ容量3GBのプランでドコモとmineoの月額料金を比較すると・・・結果は歴然。mineoの方が、ドコモよりも半額近く安い料金で利用することが可能です。
基本料金の時点で大きな差があるため、通信データ容量の少ないプランを利用する場合、格安SIMの方がおすすめといえるでしょう。

通信データ容量30GBの場合
ドコモ(ギガホ:30GB) mineo(デュアルタイプ:3GB)
※音声通話機能付きSIM
基本料金 月額6,980円
※家族間無料通話付帯
月額6,600円
音声通話かけ放題
※オプション
月額700円
※5分以内の国内通話かけ放題
月額850円
※10分以内の国内通話かけ放題
月額料金合計 月額7,680円
※2019年9月30日までに「ギガホ」に加入すると、最大6ヵ月間、月額1,000円割引になり、月額6,680円に。
月額7,450円

一方、通信データ容量が30GBの大容量プランを利用した場合の料金をドコモとmineoで比較すると、ドコモの月額料金が7,680円であるのに対し、mineoの月額料金は7,450円とその差は230円。

また、ドコモの場合2019年9月30日までに「ギガホ」に加入すると最大6ヵ月間、月額1,000円が割引になる「ギガホ割」が適用されるため、この割引を加味すると、月額6,680円となり、mineoより770円利用することが可能です。
ちなみに、この割引を加味して、年間のスマホ料金を比較すると以下の通り。

ドコモ

月額7,680円 × 12ヵ月 = 92,160円 - 割引(6,000円:1,000円×6ヵ月)→ 86,160円

mineo
月額7,450円 × 12ヵ月= 89,400円

★ mineo:89,400円 - ドコモ:86,160円 = 3,240円

通信料金を比較すると、ドコモの方がmineoより年間3,240円安く利用することができます。
料金面の安さに優位性があるmineo(格安SIM)ですが、料金プランによっては、大手通信キャリアの方が安く利用できる点は、チェックしておきたいポイントといえるでしょう

大手通信キャリアと格安SIM、どっちがおすすめ?

大手通信キャリアと格安SIMを比較すると、利用するプランにもよりますが、料金面では、やはり格安SIMに軍配があがると言えます。

その一方で、大手通信キャリアには、実店舗が多くサポートが充実している、ハイスペックな機種の取り扱いが多い、ブランド力がある等、格安SIMにはない魅力があります。

大手通信キャリア、格安SIMにはそれぞれ特徴があるため、大手通信キャリアから格安SIM/格安SIMから大手通信キャリアへの乗り換えを検討する際や、大手通信キャリアと格安SIMでどちらを利用しようか迷っている場合は、スマホを利用する上で自分が重視したいポイントが何かを考え、その希望に合った方を選ぶのがおすすめといえるでしょう。

あわせて読みたい

SIMってなに?という方はこちら