ソフトバンク回線対応の格安SIMを比較!おすすめは?

ソフトバンク回線対応の格安SIM おすすめ5選を徹底比較

Posted on

ソフトバンク回線対応の格安SIM おすすめ5選を徹底比較

これまで「格安SIM」というと、ドコモやauの通信回線を利用しているものがほとんどでしたが、近年、数ある格安SIMの中には、ソフトバンクの通信回線に対応しているものが登場。新たに購入するSIMフリー端末で使えるのはもちろん、ソフトバンクで購入したiPhoneやiPad、スマホ端末のSIMカードを格安SIMに差し替えるだけで(※一部の端末はSIMロックの解除が必要なケースもあります)、毎月のスマホ料金を大きく節約できると注目を集めています
また、2018年4月からはソフトバンク回線対応の格安SIMも、ドコモ回線対応の格安SIMに続き、テザリング機能に対応。一部、非対応の端末もありますが、申し込み・追加料金不要でテザリング機能が利用できるようになっている点もチェックしておきたいポイントといえるでしょう。

そこで今回は、ソフトバンク回線に対応している格安SIMに注目し、おすすめの格安SIMの料金プランやサービスの特徴をわかりやすく比較していきます。
格安SIMに乗り換え、毎月のスマホ料金を節約したいと考えているソフトバンクユーザーは、本特集を参考に、自分に合った格安SIMを見つけましょう。

ソフトバンク回線対応の格安SIMを利用する際はここに注意!
新たに購入したSIMフリー端末や、ソフトバンクで購入したiPhoneやiPad、スマホ端末でソフトバンク回線対応の格安SIMを利用する場合、端末によっては、テザリングをはじめ、一部の機能を利用できないケースや、そもそも格安SIMに対応していないケースがあります。
格安SIMを提供する各通信事業者のホームページ上では、格安SIMの動作確認が取れた端末や動作確認状況等を掲載しているので、自分が使いたいスマホ端末で、格安SIMが利用できるのか、事前にしっかり確認しておきましょう

ソフトバンク回線対応の格安SIM おすすめ5選を徹底比較

recomendY!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)

回線 ・ソフトバンク:〇
・ドコモ:ー
・au:ー
ソフトバンク回線
料金プラン例
  • 音声USIMカード(※音声通話機能付きSIM)
・スマホプランS(2GB→3GB※1):月額1,580円(※2)
・スマホプランM(6GB→9GB※1):月額2,380円(※2)
・スマホプランL(14GB→21GB※1):月額4,380円(※2)
※1:契約時に「データ増量オプション」に加入すると、最大25カ月間、無料で通信データ容量が増量。
※2:~13ヵ月目まで。(ワンキュッパ割+SIM単体契約特別割引適用時)
かけ放題 1回10分以内の国内通話かけ放題 ※スマホプランS/M/Lに無料付帯
テザリング △(無料)
※一部、テザリング非対応の端末あり
おすすめポイント
  • 大手通信キャリア「ソフトバンク」が提供するソフトバンク回線対応の格安SIM
  • 料金プランに1回10分以内の国内通話かけ放題が無料付帯
  • Yahoo!ショッピングやLOHACOでの買い物時、お得にポイントが貯められる「Yahoo!プレミアム会員」に無料でなれる
キャンペーン情報
【ワンキュッパ割】
スマホプラン(S/M/L)を契約すると、利用開始13カ月目まで、月額基本料金が1,000円割引
【SIM単体契約特別割】
SIMカード単体でスマホプラン(S/M/L)に契約すると、最大利用開始25か月目まで、月額基本料金が最大600円割引(※スマホプランM/Lの場合。スマホプランSの場合は毎月400円割引)

大手通信キャリア「ソフトバンク」が提供する格安SIM。ソフトバンクと同じ通信回線を使用しており、通信速度・回線品質に定評がある。
Y!mobileでは、データ通信に、1回10分以内の国内通話かけ放題がセットになった「スマホプラン(S/M/L)」を用意。利用開始13カ月目までは、「ワンキュッパ割」「SIM単体契約特別割引」が適用され、月額1,580円~(※スマホプランSの場合)とリーズナブルな料金で利用することができる。さらに、家族でY!mobileを複数回線契約すると、2回線目以降の月額基本料金が500円割引になる「家族割引サービス」や、おうちのネット(SoftBank Air、SoftBank 光)とY!mobileのセット利用で月額基本料金が最大1,000円(※スマホプランLの場合)割引になる「おうち割 光セット(A)」等も用意しており、上手く活用することで、さらにリーズナブルな料金で利用することができる。
また、格安SIM契約時に、月額500円の「データ増量オプション」(※利用開始25か月目まで月額無料で利用可能)に加入すると、最大25カ月間、無料で通信データ容量が増量する点もチェックしておきたい
その他にも、Y!moibleでは、Yahoo!Japanと連携し、「Yahoo!プレミアム」が無料になるサービスが付帯する等、Yahoo!ショッピングやLOHACOでの買い物時、お得にポイントを貯めることが可能。さらに、全国に約1,000の実店舗を構え、万一の際に、店舗にてサポートが受けられる点も嬉しい。
ソフトバンク回線に対応した格安SIMへの乗り換えを検討する際、Y!mobileは有力な候補の一つといえるだろう。

Y!mobile(ワイモバイル)へ行く

recomendLINEモバイル

LINEモバイル

回線 ・ソフトバンク:〇
・ドコモ:〇
・au:ー
ソフトバンク回線
料金プラン例
  • コミュニケーションフリープラン(※音声通話機能付きSIM)
・3GB:月額1,690円
・5GB:月額2,220円
・7GB:月額2,880円
・10GB:月額3,220円
かけ放題 10分電話かけ放題(オプション):月額880円
テザリング △(無料)
※一部、テザリング非対応の端末あり
おすすめポイント
  • コミュニケーションアプリ「LINE」で高い人気・知名度を誇る「LINE」が提供するソフトバンク回線対応の格安SIM
  • 「LINE」の年齢認証・ID検索に対応
  • 利用開始月の月額基本料金が無料
キャンペーン情報
【おかげさまで2周年 スマホ代 月300円キャンペーン】
キャンペーン期間中、LINEモバイルにて音声通話機能付きSIMに新規申し込みし、2018年11月6日(※家電量販店で契約する場合は2018年11月5日)までにLINEモバイルの利用を開始すると、もれなく6ヵ月間、月額基本料金が900円割引に!(2018年11月6日まで)

コミュニケーションアプリ「LINE」で高い人気・知名度を誇る「LINE」が提供する格安SIM。ドコモ回線に加え、ソフトバンク回線にも対応している。
LINEモバイルでは、特定のサービス利用時に発生する通信量が、通常の通信データ容量にカウントされず、無料で利用できる「データフリー(カウントフリー)」を料金プランに導入。データフリーの対象となるサービスは料金プランによって異なり、例えば、「コミュニケーションフリープラン」の場合、「LINE」、「Twitter」、「Facebook」、「Instagram」4つが、データフリーの対象サービスとなっている(※1)。さらに、当月使用せず、余った通信データ容量は、翌月への繰り越しに対応している他、コミュニケーションアプリ「LINE」を通じて、LINEモバイルを契約している家族や友達にシェアできる点もチェックしておきたい。
また、LINEモバイルでは、毎月、月額基本料金の1%分のLINEポイントが付与。貯めたポイントは、毎月の支払いや、LINEスタンプなど、LINEアプリ内のコンテンツ購入、Amazonギフト券・LINE Pay残高への交換等に利用することができる。
その他にも、LINEモバイルは、コミュニケーションアプリ「LINE」の年齢認証・ID検索に対応。さらに、利用開始日~月末までの最大1ヵ月間、月額基本料金が無料になり、お得かつ利便性の高いサービスが充実している
LINEモバイルは、コミュニケーションアプリ「LINE」をはじめ、データフリー対象サービスを利用することが多い人はもちろん、お得度の高い格安SIMを利用したい人におすすめのソフトバンク回線対応の格安SIMの一つ。
※1:データフリーの対象となるのは、対象サービス内のトークやタイムライン、画像・動画の投稿等、「データフリーとなる機能」を利用した場合

LINEモバイルへ行く

recomendmineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

回線 ・ソフトバンク:〇
・ドコモ:〇
・au:〇
ソフトバンク回線
料金プラン例
  • ソフトバンクプラン(Sプラン):デュアルタイプ※音声通話機能付きSIM
・500MB:月額1,750円
・3GB:月額1,950円
・6GB:月額2,630円
・10GB:月額3,570円
・20GB:月額5,030円
・30GB:月額6,950円
かけ放題 mineoでんわ10分かけ放題(オプション):月額850円
テザリング △(無料)
※一部、テザリング非対応の端末あり
おすすめポイント
  • MMD研究所が実施した「格安SIM満足度調査」(2018年)において、顧客総合満足度第1位・iPhone利用者シェア第1位を2年連続で獲得!
  • ライトユーザーからヘビーユーザーまで、幅広いユーザー層に対応した通信データ容量500MB~30GBまでの料金プランを用意
  • 他の格安SIMにはない、独自のユニークなサービスや、長期利用者向けの特典サービスが充実
キャンペーン情報
【祝トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン】
キャンペーン期間中、mineoにて「デュアルタイプ(※音声通話機能付きSIM)」を新規申し込みすると、もれなく利用開始翌月から6ヵ月間、月額料金が最大1,417円割引に!(2018年11月6日まで)

家庭用の光回線「eo光」で有名な関西のプロバイダ「ケイ・オプティコム」が提供する格安SIM。mineoでは、2018年9月からソフトバンク回線対応の格安SIMサービスをスタートし、数ある格安SIM・格安スマホの中で唯一、ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線のトリプルキャリアに対応したサービスを提供。MMD研究所が実施した「格安SIM満足度調査」(2018年)において、「顧客総合満足度第1位」「iPhone利用者シェア第1位」を2年連続で獲得する等、数ある格安SIMの中でも高い人気・満足度を誇っている。
mineoでは、500MB~30GBまで、通信データ容量に応じて6種類の料金プランを用意。
スマホのライトユーザーからヘビーユーザーまで、幅広いユーザーが、自分に合った料金プランで格安SIMを利用することができる。さらに、当月使用せず、余った通信データ容量は、翌月への繰り越しに対応している他、家族や友人に通信データ容量をプレゼントできる「パケットギフト」や、全国のmineoユーザーと通信データ容量をシェアできる「フリータンク」にも利用可能
また、mineoでは、利用期間や購入端末(※格安スマホを購入した場合)に応じて、初期費用が無料になる「エントリコード」の配布や、Amazonギフト券がもらえる端末購入特典、mineoのコミュニティサイト「マイネ王」内で利用でき、お得なサービスが受けられる「王国コイン」の配布等、mineoの長期利用者向けの特典サービス「ファンとく」を用意している点もチェックしておきたい。
利用者からの満足度が高い格安SIMを使いたい人や、他の格安SIMにはないユニークなサービスが充実した格安SIMを利用したい人にとって、mineoは有力な選択肢の一つといえるだろう。

mineo(マイネオ)へ行く

recomendnuroモバイル(ニューロモバイル)

nuroモバイル(ニューロモバイル)

回線 ・ソフトバンク:〇
・ドコモ:〇
・au:ー
ソフトバンク回線
料金プラン例
  • ソフトバンク回線(プランS)※音声通話機能付きSIM
・お試しプラン(200MB):月額1,200円
・Sプラン(2GB):月額1,680円
・Mプラン(7GB):月額3,000円
・Lプラン(13GB):月額3,680円
かけ放題 10分かけ放題オプション:月額800円
テザリング 〇(無料)
おすすめポイント
  • ソニーグループの大手通信プロバイダ「So-net」が提供するソフトバンク回線対応の格安SIM
  • 通信データ容量200MBの「お試しプラン」を用意。格安SIMの使い勝手を試してみたい人におすすめ
  • 最大2GBまで、翌月分から通信データ容量の前借りが可能
キャンペーン情報
【Mプラン・Lプラン限定 総額11,000円相当割引キャンペーン】
キャンペーン期間中、nuroモバイルにて、MプランまたはLプランを音声通話機能付きSIMで申し込みすると、もれなく利用開始翌月から11ヵ月間、月額基本料金を1,000円割引!(2018年10月31日まで)

ソニーグループの大手通信プロバイダ「So-net(ソネット)」が提供する格安SIM。ドコモ回線に加え、ソフトバンク回線にも対応している。
nuroモバイルでは、2018年10月に料金プランをリニューアル。通信データ容量に応じて、200MBの「お試しプラン」、2GBの「Sプラン」、7GBの「Mプラン」、13GBの「Lプラン」の4種類を用意しており、シンプルな料金プランの中から、自分に合ったものを選択することができる。ちなみに、通信データ容量200MBの「お試しプラン」は、データ通信専用SIMの場合、月額500円(※ソフトバンク回線の場合。ドコモ回線の場合、月額300円)とリーズナブルな料金で利用可能。格安SIMの通信速度や回線品質等、nuroモバイルの使い勝手を試した上で、本格的な利用を検討したい場合、「お試しプラン」を上手く活用すると良いだろう。
また、「お試しプラン」以外の料金プランの場合、当月使用せず、余った通信データ容量は翌月に繰り越せるほか、「パケットギフト」として、nuroモバイルにて同じ回線(※例:ドコモ回線同士、ソフトバンク回線同士)を契約している家族や友人に通信データ容量をプレゼントすることも可能。さらに、当月の通信データ容量が足りなくなった場合、最大2GBまで、無料で翌月分から前借りできる点も嬉しい
nuroモバイルは、ソフトバンク回線対応の格安SIMを試しに利用してみたい人や、通信データ容量の前借りなど、他の格安SIMにはないユニークなサービスを利用したい人におすすめ。

nuroモバイル(ニューロモバイル)へ行く

recomendb-mobile(ビーモバイル)

b-mobile(ビーモバイル)

回線 ・ソフトバンク:〇
・ドコモ:〇
・au:ー
ソフトバンク回線
料金プラン例
  • b-mobile S 990ジャストフィットSIM ※音声通話機能付きSIM
月額990円(1GB)~月額7,240円(15GB)
・1ヵ月間に使用する通信データ容量によって変動。
…1GB~10GB:1GBごとに+500円/10GB~15GB:1GBごとに+350円
  • b-mobile S スマホ電話SIM ※音声通話機能付きSIM
月額2,450円(1GB)~月額7,350円(15GB)
・1ヵ月間に使用する通信データ容量によって変動。
…1GB~15GBまで1GBごとに+350円
※5分かけ放題無料付帯
かけ放題 通話5分かけ放題オプション:月額500円
※「b-mobile S 990 ジャストフィットSIM」用オプション
テザリング 〇(無料)
おすすめポイント
  • 日本初の格安SIM・格安スマホの通信事業者「日本通信」が提供するソフトバンク回線対応の格安SIM
  • 通信データ容量に応じて月額料金が決まる従量制の料金プランを採用。ムダを省き、毎月のスマホ料金を節約したい人におすすめ
キャンペーン情報

日本初の格安SIM・格安スマホの通信事業者「日本通信」が提供する格安SIM。ドコモ回線に加え、ソフトバンク回線に対応している。
b-mobileが提供するソフトバンク回線対応の格安SIMは、大きく、データ通信専用SIMの「b-mobile S 190 Pad SIM」と、音声通話機能付きSIM「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」、5分かけ放題が付帯し、ソフトバンクで購入したiPhone専用の音声通話機能付きSIM「b-mobile S スマホ電話SIM」の3種類。
月額料金は、いずれも1ヵ月間に使用する通信データ容量によって変動し、「b-mobile S 190 Pad SIM」の場合、100MBまでは190円、1GBまでが540円となっており、1GB~10GBまでは、1GBごとに350円ずつ加算される。「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」の場合は、1GB~10GBまでは1GBごとに500円が加算され、10GB~15GBまでは1GBごとに350円が加算。「b-mobile S スマホ電話SIM」の場合は、1GB~15GBまで、1GBごとに350円ずつ加算される。その月に使用した通信データ容量によって、月額料金が決まるため、月によって、使用する通信データ容量が変動する人や、余分な出費を抑え、毎月のスマホ料金をできるだけ節約したい人におすすめといえるだろう
ただし、いずれのプランもソフトバンク回線に対応しているとはいえ、SIMカードが利用できる端末はソフトバンクで購入したiPhone・iPadのみとなっており、ソフトバンクで購入したAndroid端末には非対応となっている点には注意が必要。
b-mobileは、ソフトバンクで購入したiPhone・iPadで格安SIMを利用したい人や、従量制の料金プランで毎月のスマホ料金を節約したい人におすすめのソフトバンク回線に対応した格安SIMといえるだろう。

b-mobile(ビーモバイル)へ行く

ソフトバンク回線対応の格安SIM おすすめ5選を徹底比較 ~まとめ~

ソフトバンク回線に対応したおすすめの格安SIM 5つを厳選して紹介した今回の特集はいかがでしたでしょうか?

ドコモ回線やau回線に対応している格安SIMと比較すると、その数はまだ少ないですが、近年、ソフトバンク回線対応の格安SIMを取り扱う通信事業者は増えており、これまでソフトバンクで購入した端末を使っていた方でも、気軽に格安SIMへの乗り換えができるようになってきています

格安SIMへの乗り換えを検討しているソフトバンクユーザーの方は、本特集を参考に、ソフトバンク回線に対応したおすすめの格安SIMの料金プランや特徴を比較し、自分に合った格安SIMで、毎月のスマホ料金を賢く節約しましょう。

SIMってなに?という方はこちら

Y!mobile