デュアルSIMとは?特徴や利用のメリットを紹介

デュアルSIMとは? 特徴や利用のメリット、対応端末をチェックしよう!

Posted on

デュアルSIMとは?特徴や利用のメリット、対応端末をチェックしよう!

1台のスマホに2枚のSIMカードを入れることができる「デュアルSIM」端末。今や、多くのSIMフリー端末がデュアルSIMに対応しています。
では、デュアルSIMとは、一体どのような機能で、何ができるのでしょうか?また、どのようなメリットがあるのでしょうか?

今回の特集では、「デュアルSIM」に注目し、その特徴や利用のメリット、デュアルSIMに対応したおすすめのスマホ端末等をご紹介します。
「デュアルSIMって何?」と思われている方は、本特集を参考に、デュアルSIMの基本をチェックしていきましょう!

デュアルSIMとは?

デュアルSIMとは、1台のスマホに2枚のSIMを入れることができる端末こと。デュアルSIMを利用できるのは、海外メーカー製のSIMフリー端末がほとんどで、必要に応じて2枚のSIMを上手く使い分けることで、これまでにないスマホの使い方が可能になります。

ちなみにデュアルSIMといっても全てが同じではありません。2枚のSIMを同時に利用することができる「同時待ち受け」に対応しているもの、2枚のSIMで同時に通信を行うことができるもの等、機能の違いによって大きく3種類に分けられます。
それぞれの特徴は以下の通りです。

1デュアルSIMシングルスタンバイ(DSSS・・・Dual SIM Single Standby)

スマホ端末に2枚のSIMをセットすることはできるが、片方のSIMを使用しているときは、もう片方のSIMを使う事はできず、両方のSIMを同時待ち受けにすることはできない。2枚のSIMのうち、利用したい方をその都度、手動で切り替える必要がある。

2デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS・・・Dual SIM Dual Standby)

2枚のSIMを手動で切り替える必要がなく、2回線を「同時待ち受け」で利用することが可能。片方のSIMでデータ通信を行っている場合でも、もう片方のSIMで電話の着信を受けることができる。ただし、通話をしながらデータ通信を行うことはできない。

3デュアルSIMデュアルアクティブ(DSDA・・・Dual SIM Dual Active)

デュアルスタンバイ同様、2枚のSIMを手動で切り替える必要がなく、2回線を「同時待ち受け」で利用することができる。デュアルスタンバイとの違いは、片方のSIMで通話をしながら、もう片方のSIMでデータ通信を行うことができる点。つまり、デュアルアクティブに対応していれば、通話をしながらでも、メールの受信やデータ通信を行うことができる。
ただし、2018年3月現在、日本で販売しているスマホ端末のうち、デュアルSIMデュアルアクティブに対応した端末がない点には注意が必要。

デュアルSIM利用のメリット

次に、デュアルSIM利用のメリットや、デュアルSIMを利用する際のポイントをご紹介します。
しっかりチェックし、デュアルSIMを利用する際に役立てましょう。

デュアルSIM利用のメリット

デュアルSIM利用の最大のメリットは、2枚のSIMを用途に応じて使い分けできる点
例えば「仕事用とプライベート用」「音声通話用とデータ通信用」等で2枚のSIMを使い分けることが可能です。

1仕事用とプライベート用でSIMを使い分ける

これまで、仕事用とプライベート用で2台のスマホを持っていた人は、デュアルSIMを利用することで、2つのSIM(回線)を1台のスマホに集約することが可能に
いわゆる「2in1」でスマホを使い分けることができるので、2台のスマホを持ち歩く必要が無くなります。

2音声通話用とデータ通信用で使い分ける

デュアルSIMのうち、片方には通話定額に対応した大手通信キャリアのSIMを使い、もう片方にはMVNOが提供するデータ通信専用SIMを利用することで、大手通信キャリアのプランだけを利用した場合と比較すると、毎月のスマホ料金を節約することが可能です
(※MVNOの中には「5分以内・10分以内の通話定額」プラン等をオプションとして提供しているところもあり、通話時間によってはこちらを利用したほうが月額料金が安くなるケースもあります。)
つまり、音声通話用とデータ通信用でのデュアルSIMの利用は、通話時間が長い人や、通話メインでスマホを利用する人におすすめ。

また、毎月の通信データ容量が多い人は、デュアルSIMを利用し、データ通信用のSIMを2枚にすることで、通信データ容量を拡張することも可能です。

デュアルSIM利用のポイント

SIMの規格に注意
SIMには、「nanoSIM」「microSIM」「標準SIM」の3つの規格があります。デュアルSIMの場合、端末によっては、2枚のSIMが「nanoSIMとmicroSIM」のように1枚ずつサイズが異なるケースもあるため、挿入できるSIMの規格は事前に確認しておきましょう。
また、一部のデュアルSIM対応端末は、SIMスロット(SIM挿入口)がSDカードと併用になっており、SDカードを利用すると、2枚目のSIMが利用できない・・・という作りになっているものも。
SIMカードのサイズと同様、SIMスロットについてもしっかり確認しておくことが大切です。
デュアルSIM対応のスマホ端末を利用する
上記でもご紹介したように、一口に「デュアルSIM」と言っても、大きく3種類に分けることができます。
2枚のSIMを手動で切り替えて使う場合はシングルスタンバイ、2枚のSIMを同時待ち受けで利用する場合はデュアルスタンバイに対応したデュアルSIM端末を利用しましょう。

デュアルSIM対応のおすすめスマホ端末と格安SIM

ASUS「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」

台湾の大手総合エレクトロニクスメーカー「ASUS(エイスース)」製のデュアルSIM(デュアルスタンバイ)に対応したSIMフリー端末。
5.2インチのコンパクトなボディーに4,100mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、充電の減りを気にすることなく、長時間スマホを利用することができる。さらに、「リバースチャージ機能」を利用すれば、接続した他のスマホに給電することができ、モバイルバッテリーのような使い方をすることも可能。
また、120°の広角レンズカメラを搭載し、通常の約2倍のワイドサイズでの撮影に対応している点も魅力。さらに、デュアルSIM対応のスマホ端末の多くが、SIMカード1枚とSDカードが排他利用の仕様になっているのに対し、ZenFone 4 Mas では、2枚のSIMカードとmicsoSDカードを同時に使用できるトリプルスロットを採用。デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)が利用できることに加え、SDカードも使える点は、大きな魅力と言えるだろう。
端末価格も2万円台なので、リーズナブルな価格のデュアルSIM対応端末を使いたい人にとって、ZenFone 4 Maxは、おすすめの端末。

ASUS「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」 ASUS「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」

サイズ/重量 高さ約150.5mm×幅約73.3mm×厚さ約8.7mm / 約156g
ディスプレイサイズ 5.2インチ
カメラ ・アウトカメラ(背面):1,300万画素+500万画素
・インカメラ(前面):800万画素
内蔵メモリ ROM:32GB/RAM:3GB
SIMサイズ nanoSIM×2※microSDカードも同時に使用可

ASUS「ZenFone 4 Max」取り扱いMVNO

recomendBIGLOBEモバイル

大手インターネットプロバイダ「BIGLOBE」が提供する格安SIM・格安スマホの通信サービス。ICT総研が実施した「MVNO格安SIMの市場動向調査(2017年6月)」において、「データ通信の品質・安全性」で2年連続満足度第1位を獲得し、利用者から高い評価を得ている。
また、BIGLOBEモバイルでは、「YouTube」や「AbemaTV」等、特定の動画・音楽サービス利用時に発生する通信量が、通常の通信データ容量にカウントされず、無料で利用でき月額480円~のオプション「エンタメフリー・オプション」を用意している点も魅力。スマホでの動画・音楽の視聴が多い人であれば、ぜひチェックしておきたい。

BIGLOBEモバイル

対応回線 ドコモ、au
端末価格 一括:―/分割:970円×24ヵ月

※金額は全て税抜で表示しています。

BIGLOBEモバイルの評判をチェック

recomendLINEモバイル

コミュニケーションアプリ「LINE」で高い人気・知名度を誇る「LINE」が提供する格安SIM・格安スマホの通信サービス。
LINEモバイルでは、「LINE」や「Twitter」「Facebook」「Instagram」等、特定のサービス利用時に発生する通信量が通常の通信データ容量にカウントされず、無料になる「カウントフリー」と呼ばれる仕組みを料金プランに導入。対象サービスを頻繁に利用する人は、LINEモバイルを利用することで、通信データ容量を大きく節約することができる。また、コミュニケーションアプリ「LINE」の年齢認証・ID検索にも対応。
さらに、利用開始月の月額基本料金が無料である点も嬉しい。LINEやSNSを利用する機会の多い人におすすめ。

LINEモバイル

対応回線 ドコモ
端末価格 一括:25,800円/分割:1,110円×24ヵ月

※金額は全て税抜で表示しています。

LINEモバイルの評判をチェック

HUAWEI「Mate10 Pro」

中国広東省深圳に本社を置く通信機器メーカー「HUAWEI(ファーウェイ―)」製のデュアルSIM(デュアルスタンバイ)に対応したSIMフリー端末。
アウトカメラには、1,200万画素のカラーセンサと、2,000万画素のモノクロセンサーを組み合わせたLeica製のダブルレンズカメラを搭載している。さらに、世界で初めてAIプロセッサーを搭載したスマホ端末であり、AIの機能を利用すれば、AIがスマホで撮影した画像の被写体やシーンをリアルタイムで認識。色やコントラストを自動調節することができる。
また、デュアルSIM(デュアルスタンバイ)の端末の中でも、DSDV(デュアルSIMデュアルボルテ)に対応しており、VoLTEでの2回線同時待ち受けに対応している点も魅力
その他にも、耐水・防塵機能を備えている点もチェックしておきたい。端末価格が79,800円とやや高額な点には注意が必要だが、デュアルSIMに対応したハイスペックなSIMフリースマホを使いたい人にとって、Mate10 Proは有力な候補と言えるだろう。

HUAWEI「Mate10 Pro」 HUAWEI「Mate10 Pro」

サイズ/重量 高さ154.2mm×幅74.5mm×厚さ7.9mm / 約169g
ディスプレイサイズ 6.0インチ
カメラ ・アウトカメラ(背面):1,200万画素カラーセンサー+2,000万画素モノクロセンサー※Leicaダブルレンズカメラ
・インカメラ(前面):800万画素※Leicaレンズカメラ
内蔵メモリ ROM:128GB/RAM:6GB※microSD非対応
SIMサイズ nanoSIM×2

HUAWEI「Mate10 Pro」取り扱いMVNO

recomendIIJmio

日本初のインターネット接続事業者「インターネットイニシアティブ」が提供する格安SIM・格安スマホの通信サービス。回線品質に定評があり、MMD研究所が実施した「格安SIMサービスの満足度調査」において3年連続(※2014年~2016年)お客様満足度第1位を獲得する等、利用者から高い評価を獲得している
IIJmioでは、各料金プランとも、複数枚のSIMカード発行に対応しており、通信データ容量のシェアが可能。また、3年以上の長期利用者向けに、有料オプションが無料になる特典等を用意している点もチェックしておきたい。
回線品質を重視し、格安SIM・格安スマホを利用したい人におすすめ。

IIJmio

対応回線 ドコモ、au
端末価格 一括:79,800円/分割:3,350円×24カ月

※金額は全て税抜で表示しています。

IIJmioの評判をチェック

recomendエキサイトモバイル

検索エンジンの提供やポータルサイトの運営、無料メールサービス等、幅広いインターネットサービス事業を展開する「エキサイト」による格安SIM・格安スマホの通信サービス。
料金プランは、1ヵ月間に使用した通信データ容量に応じてその月のスマホ料金が決まる従量制の「最適料金プラン」と、あらかじめ毎月の通信データ容量が決められている定額制の「定額プラン」の2種類を用意。「定額プラン」は、当月使用せず、余った通信データ容量を翌月に繰り越すことができる。また、新規申し込み+継続利用で高額のキャッシュバックが受けられる等、お得度の高いキャンペーンを実施している点も魅力

エキサイトモバイル

対応回線 ドコモ
端末価格 一括:79,800円/分割:3,325円×24カ月

※金額は全て税抜で表示しています。

エキサイトモバイルの評判をチェック

デュアルSIMとは?~まとめ~格安スマホの選び方

デュアルSIMについて解説した今回の特集はいかがでしたか?

デュアルSIMは、使い方次第で、毎月のスマホ料金を節約でき、1台のスマホを用途に応じて使い分けることができる便利でお得な機能です。大手通信キャリアを利用している方はもちろん、現在すでに格安SIMを利用している方も、デュアルSIMを上手く活用することで、スマホの料金をさらに節約できる可能性があります。

スマホ端末の変更を考えている方は、本特集を参考に、デュアルSIMの特徴や利用のメリットをしっかり理解し、乗り換えを検討してみてはいかがでしょう?

SIMってなに?という方はこちら