TONEが提供する子供向け格安スマホとは?

キッズケータイ機能が充実! TONEが提供する子供向け格安スマホとは?

Posted on

キッズケータイ機能が充実!TONEが提供する子供向け格安スマホとは?

キッズケータイ機能が充実!TONEが提供する子供向け格安スマホとは?

2017年8月1日、TSUTAYAのスマホとして知られる「TONE(トーンモバイル)」が、新機種「TONE m17」の発売を開始しました。
「TONE m17」は、TONEと富士通が共同開発したオリジナルのスマホ端末(価格:34,800円)。防水・防塵に加え、ハンドソープでの洗浄にも対応しており、常に清潔な状態で利用することができます。また、耐久性・堅牢性にも優れており、日常づかいはもちろん、屋外の様々な環境の中でも安心して使うことが可能。さらに、おサイフケータイ(FeliCa)やワンセグに対応している点も魅力といえるでしょう。

実はこの「TONE m17」、決められた時間帯以外はスマホを使えなくする機能をはじめ、子供に持たせても安心な機能が充実しており、キッズケータイとしても注目を集めています
「TONE m17」で利用できる主なキッズケータイ機能は以下の通り。

毎日夜10時~朝6時までスマホの使用不可(※保護者への発信は除く)
利用者設定で入力した生年月日から、利用者の年齢が12歳以下だと判断された場合、自動的に毎日夜10時から朝6時まで、登録した保護者への発信を除き、スマホの利用が制限されます
親子間でルールを決め、曜日やアプリによって利用制限を変更可
上記でご紹介した「毎日夜10時から朝6時まで」の利用制限に加え、親子で相談の上、アプリによっては、使える時間帯・1日に使える合計時間を設定することが可能です。
その際に使用するのが、「親子スマホの約束」という専用の用紙(※用紙はTONEホームページからプリントアウト。また、TONE取り扱い店舗にて配布)。この用紙に、利用時間を設定するアプリの種類や使える時間を記入し、用紙をスマホ(※親のスマホ。TONEのスマホ以外も対応)で撮影すれば、自動的にその設定がスマホに反映されます。
子供の行動をチェックできる
「ジオフェンス」機能を利用すれば、子供が、学校や塾、友だちの家など、よく行く場所に出入りした際に、親のスマホに自動で通知が入ります。
また、「ジオフェンス」の派生機能である「ジオロック」機能を利用すれば、学校や塾など、子供がスマホを使うのにふさわしくない場所にいる間は、スマホにロックがかかり、利用を制限することが可能に。

上記でご紹介したキッズケータイ機能が利用できる格安スマホをTONEが提供する背景には、「子どもにスマホを持たせたいが、使える時間やアプリを制限したい」と考える親からの要望を受けてのこと。
確かに、スマホやアプリを時間によって利用制限したり、子供の行動をチェックできたりする点は、子供にスマホを持たせる上で、嬉しいポイントといえるでしょう。
また、TONEでは、月額基本料金が1,000円からとリーズナブルな価格を実現している点も魅力です

家族間での通信データ容量のシェアや、家族利用での割引プランを提供する通信事業者(MVNO)は、いくつかありますが、「親が安心して子供に持たせることができるスマホ」という点に特化し、サービスを提供しているのは、2017年8月現在、TONEのみ。
毎月のスマホ料金を節約しつつ、親が安心して子供に持たせることができるキッズケータイを検討する際、TONEの格安スマホ「TONE m17」は、有力な選択肢の一つだといえるでしょう。