小学生におすすめの格安スマホを紹介!

小学生におすすめの格安スマホ 安心・安全を重視した格安スマホの選び方

Posted on

小学生におすすめの格安スマホ

緊急時や、塾・習い事の際にすぐ連絡が取れる・・・等のメリットから、近年、小学生のうちからスマホを持たせる家庭が増えています。
小学生に持たせるスマホというと、大手通信キャリアが提供する「キッズケータイ」「みまもりケータイ」を利用するケースもありますが、実は、格安スマホを利用するのも有力な選択肢の一つ。
格安スマホであれば、大手通信キャリアと比較し、端末代や毎月のスマホ料金を安く抑えることが可能です。さらに、数ある格安スマホの中には、スマホやアプリの利用制限、GPS等の機能を備えたものもあり、小学生に安心・安全に持たせることができる点も大きな魅力といえるでしょう

そこで今回は、小学生向けの格安スマホに注目し、選び方や、小学生におすすめの格安スマホについてご紹介します。
小学生のうちから子供にスマホを持たせようと考えているご家庭は、本特集を参考に、料金が節約でき、かつ安心・安全を重視した小学生向けの格安スマホをチェックしましょう。

Pick UpTONE(トーンモバイル)

TONE(トーンモバイル)

インターネット通信事業者「トーンモバイル」とTSUTAYAを運営する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」が業務・資本提携し、提供する格安スマホの通信サービス。
TONEでは、小学生の子供を持つママ層に人気の雑誌「VERY」と共同開発した見守り機能を提供。月額無料(※親もTONEの場合。親がTONE以外のスマホの場合は月額200円)で、アプリの制限や、スマホの利用時間の設定、子供の位置情報や行動の通知等を利用することができる。
また、月額基本料金が1,000円とリーズナブルな価格を実現している点も魅力
TONEは、安心・安全を重視した小学生向け格安スマホを検討する際、ぜひ候補に入れておきたい。

TONE(トーンモバイル)へ行く

小学生向け格安スマホの選び方

まずはじめに、小学生向けの格安スマホの選び方をチェックしていきましょう。
選び方のポイントは、以下の3点です。

1月額基本料金・端末代が安い

プランによって変動しますが、格安スマホの場合、月額基本料金は、毎月1,000円~2,000円程度に抑えることが可能です。
高速通信を行うことができる通信データ容量は、小学生に持たせる格安スマホの場合、頻繁にデータ通信を行う必要はないので、500MB~1GBで十分
。MVNOによっては、通信データ容量無制限で低速通信が利用できるプランを用意しているので、そうしたものを利用するのもおすすめです。

端末については、小学生に持たせるスマホの場合、ハイスペックである必要はないので、リーズナブルな価格のものを選ぶと良いでしょう。ちなみに一番安い格安スマホ端末であれば、1万円台で購入可能。
また、価格はやや上がりますが、TONE(トーンモバイル)が販売する「TONE m17」のように、防水・防塵機能、耐衝撃設定等、子供が雑に扱ってもこわれにくい端末を選ぶのもおすすめです。

コラム

大手通信キャリアのキッズケータイの月額料金は?

ドコモ・au・Softbankが提供するキッズケータイの場合、端末代を含め、月額1,000円~1,500円程度と、格安スマホとそんなに変わらない料金(場合によっては、格安スマホより安い料金)で利用することが可能です。
ただし、大手通信キャリアのキッズケータイを利用する場合、親も同一のキャリアを利用する必要があります。(※ドコモ・Softbankの場合、キッズケータイ単独での契約は不可。auは、キッズケータイ単独での契約に対応しているものの、単独契約の場合、GPS機能や家族間での無料通話には対応していない)
つまり、親子でキャリアのスマホを利用する場合、キッズケータイの月額料金は安く抑えられるものの、親のスマホ利用に高額の月額料金が発生してしまう点には注意が必要です。
小学生にスマホを持たせる際は、キッズケータイの利用を含め、家族全体で、毎月どのくらいスマホ料金がかかるのか、事前に試算しておくと良いでしょう。

2フィルタリングやセキュリティ、GPS等が利用でき、小学生に持たせても安心・安全

有害なサイトを見れないように利用を制限するフィルタリング機能や、危険性のあるサイトをブロックするセキュリティ機能、位置情報を把握できるGPS等が利用でき、小学生に持たせても安心・安全な格安スマホを選びましょう
ちなみに、こうした機能は、格安スマホによって、無料の場合と、有料のオプションとなっている場合があります。有料の場合は、月額基本料金にオプション分の料金をプラスし、毎月のスマホ料金と考えておくのがおすすめ。
また、格安スマホによって、フィルタリングやセキュリティ、GPS等、利用できる機能が異なるため、申し込む格安スマホやオプションでは、どの機能が利用できるのか、事前に確認しておくと良いでしょう。

3かけ放題オプションがある

近年、多くのMVNOが、「5分かけ放題」「10分かけ放題」等、1回の通話時間に制限のある「かけ放題」オプションを提供しています。親子の連絡に、090・080の番号で始まる電話番号を利用するのであれば、こうした「かけ放題」オプションのある格安スマホを利用するのがおすすめ
ただし、このオプションを利用するためには、月額800円~1,000円程度が発生します。オプションの利用料金を節約するのであれば、LINEの無料通話やIP電話を連絡手段として活用すると良いでしょう。

小学生におすすめの格安スマホ

ここでは、小学生におすすめの格安スマホをご紹介します。
料金プランや特徴に加え、フィルタリングやセキュリティといった子供向けの機能についてもチェックしましょう。

小学生におすすめの格安スマホ3選

recomendTONE(トーンモバイル)

TONE(トーンモバイル) TONE(トーンモバイル)のおすすめ格安スマホ TONE m17

対応回線 ドコモ
おすすめ料金プラン
  • 基本プラン
・データ通信専用SIM:月額1,000円
・SMS機能付きSIM:月額1,100円
・音声通話機能付きSIM:月額1,953円
〈おすすめのオプションプラン〉
・IP電話かけ放題オプション:月額500円
小学生におすすめのスマホ端末 TONE m17
〈価格〉
34,800円 ※一括払いのみ
〈特徴〉
・TONEと富士通が共同開発したオリジナルのスマホ端末
・防水・防塵に加え、ハンドソープでの洗浄にも対応
・耐久性・堅牢性にも優れ、壊れにくいため、小学生に持たせても安心
小学生向け機能 【TONEファミリー】
〈月額〉
無料(※親もTONEの場合。親がTONE以外のスマホを利用している場合は、月額200円)
〈主な小学生向け機能〉
  • アプリの利用制限
  • スマホの利用時間制限(1日あたりの利用時間、スマホを利用できる時間帯の設定など)
  • あんしんインターネット設定(フィルタリング・セキュリティ)※大手通信キャリアでも採用されているフィルタリングエンジンを使用
  • 居場所確認
  • 行動サマリーレポート(1日の移動経路やスマホ・アプリの利用状況をレポートで報告)
  • ジオロック(学校や塾など特定の場所でのスマホ利用を制限する)
  • ジオフェンス(学校や塾など、よく行く場所に出入りした際に、親のスマホに自動で通知する機能)
特徴 インターネット通信事業者「トーンモバイル」とTSUTAYAを運営する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」が業務・資本提携し、提供する格安スマホの通信サービス。
TONEでは、小学生の子供を持つママ層に人気の雑誌「VERY」と共同開発した見守り機能を提供。月額無料(※親もTONEの場合。親がTONE以外のスマホの場合は月額200円)で、アプリの制限や、スマホの利用時間の設定、子供の位置情報や行動の通知等を利用することができる。
また、月額基本料金が1,000円とリーズナブルな価格を実現している点も魅力
TONEは、安心・安全を重視した小学生向け格安スマホを検討する際、ぜひ候補に入れておきたい。
キャンペーン情報 【はじめてのスマホキャンペーン】
キャンペーン期間中、同一名義で同時に2台以上に新規申し込みすると、もれなく1回線あたり基本プラン月額6ヵ月分が無料に!(2017年10月1日まで)

TONE(トーンモバイル)へ行く

recomendLINEモバイル

LINEモバイル LINEモバイルのおすすめ格安スマホ ZTE BLADE E01

対応回線 ドコモ
おすすめ料金プラン
  • LINEフリープラン(通信データ容量:1GB)
・データ通信専用SIM:月額500円
・SMS機能付きSIM:月額620円
・音声通話機能付きSIM:月額1,200円
〈おすすめのオプションプラン〉
・10分電話かけ放題:月額880円
小学生におすすめのスマホ端末 ZTE BLADE E01
〈価格〉
13,800円 ※一括払いのみ
〈特徴〉
1万円台前半とリーズナブルな価格で購入可
・薄くて持ちやすいデザインが特徴
・シンプルで使いやすい操作画面
小学生向け機能 【i-フィルター】
〈月額〉
無料
〈主な小学生向け機能〉
  • フィルタリング
  • スマホの利用時間制限
  • 子供のインターネット利用状況の把握(ブロックしたサイト、検索した単語がわかる)
  • 位置情報の確認
  • 通話履歴の確認
特徴 コミュニケーションアプリ「LINE」で高い人気・知名度を誇る「LINE」が提供する格安スマホの通信サービス。
LINEモバイルの特徴は、「LINE」をはじめ、特定のサービス利用時に発生する通信量が通常の通信データ容量にカウントされず、無料になる「カウントフリー」を料金プランに採用している点。例えば、「LINE」の利用のみがカウントフリーの対象となる「LINEフリープラン(通信データ容量1GB)」の場合、データ通信専用SIMであれば、月額500円で利用することができる。
また、子供向けのフィルタリング・セキュリティ機能として月額無料で「i-フィルター」が利用できる点も魅力
LINEモバイルは、親子の連絡手段に「LINE」を利用している家庭におすすめ。
キャンペーン情報 【おすすめポイント】
「LINE」をはじめ、特定のサービス利用時に発生する通信量が通常の通信データ容量にカウントされず、無料になる「カウントフリー」を料金プランに採用! 親子の連絡手段に「LINE」を利用することが多い家庭におすすめ

LINEモバイルへ行く

recomendmineo(マイネオ)

mineo(マイネオ) mineo(マイネオ)のおすすめ格安スマホ ASUS ZenFone Live

対応回線 au・ドコモ
おすすめ料金プラン
  • auプラン(通信データ容量:500MB)
・データ通信専用SIM:700円(シングルタイプ)
・SMS機能付きSIM:700円(シングルタイプ)
・音声通話機能付きSIM:1,310円(デュアルタイプ)
〈おすすめのオプションプラン〉
・ジュニアパック:月額200円(※ただし、iOSでは利用不可)
・安心フィルタリング:月額350円
・5分かけ放題サービス:月額850円
小学生におすすめのスマホ端末 ASUS ZenFone Live
〈価格〉
・一括払い:18,000円
・分割払い:750円×24回
〈特徴〉
・1万円台のリーズナブルな価格の格安スマホ
子供が利用するアプリの制限・使用時間の制限が設定できるキッズモード搭載
・コンパクトで持ちやすい
小学生向け機能 【ジュニアパック】
セキュリティー対策やフィルタリング、辞書等、11のアプリが使い放題で利用できるオプションプラン
〈月額〉
200円
〈主な小学生向け機能〉
  • フィルタリング・セキュリティ
対応アプリ「スマモリ」「スマートフォンセキュリティ」「Filii Lite」
【安心フィルタリング i-フィルター】
〈月額〉
350円
〈主な小学生向け機能〉
  • フィルタリング
  • スマホの利用時間制限
  • 子供のインターネット利用状況の把握(ブロックしたサイト、検索した単語がわかる)
  • 位置情報の確認
  • 通話履歴の確認
特徴 光回線「eo光」などで有名な関西のプロバイダ「ケイ・オプティコム」が提供する格安スマホの通信サービス。
mineoでは、子供向けのフィルタリング・セキュリティ機能として、月額200円の「ジュニアパック」と月額350円の「安心フィルタリング i-フィルター」2種類のオプションを用意。「ジュニアパック」では、「スマモリ」「スマートフォンセキュリティ」等、セキュリティー対策やフィルタリング、さらに学習に役立つ辞書アプリ等、11のアプリを使い放題で利用することができる。
「安心フィルタリング i-フィルター」では、フィルタリングに加え、スマホの利用時間制限等を設定することも可能。
また、500MG・1GB等、通信データ容量の少ないプランが充実している点も魅力。
キャンペーン情報 【いきなり2倍!紹介キャンペーン】
キャンペーン期間中、家族・友人の紹介でmineoに新規申し込みすると、もれなくAmazonギフト券2,000円分プレゼント!※紹介した人にもAmazonギフト券2,000円分プレゼント(2017年8月31日まで)

mineo(マイネオ)へ行く

小学生におすすめの格安スマホ ~まとめ~

小学生におすすめの格安スマホ特集はいかがでしたか?
数ある格安スマホの中には、小学生が安心・安全に持てる機能が特化したものもあり、そうしたものを利用すれば、毎月のスマホ料金を安く抑えることができ、家計の節約にもつながります。
さらに、節約したお金を子供の習い事や教育費に充てるといった使い方もできるでしょう

本特集を参考に、毎月のスマホ料金を節約しつつ、安心・安全に小学生が持つことができるおすすめの格安スマホをチェックし、子供に持たせる初めてのスマホにふさわしい1台を選びましょう。